家庭での学習環境のポイント:子どものタイプ・学習内容・楽勉環境に合わせて

当ページのリンクには広告が含まれています。

子どもが自宅で勉強するとき、どんな環境がいいと思いますか?子ども部屋を作るべきか、リビングで勉強させるべきか、など悩む親御さんも多いのではないでしょうか。

実は、子どもが自宅で効果的に学ぶためには、一概には決められないことが多いのです。子どものタイプや学習内容によって、最適な学習環境は変わってきます。また、楽しく楽に学ぶことができる“楽勉”環境を作ることも重要です。この記事では、家庭での学習環境の作り方として、子どものタイプ・学習内容・楽勉環境に合わせて考える方法をご紹介します。また、音・明るさ・姿勢・視覚情報・室温といった5つのチェックポイントもお伝えします。最後に、子どもを伸ばす最大の環境である親の言葉かけについても触れます。春から始まる新しい学校生活に向けて、子どもが自宅で集中して勉強できる環境を作ってあげましょう!

目次

家庭での学習環境の作り方とは?子どもが自宅で効果的に学ぶために必要なこと

家庭での学習環境を考えるとき、まずは以下の3つの視点から見てみましょう。

  • 子どものタイプ
  • 学習内容
  • 楽勉環境

子どものタイプ

子どもはそれぞれ個性があります。中には、「コミュニケーションをとりながら取り組む方がやる気が高まる子」や「ひとりで静かにもくもくと取り組む方が集中できる子」など、学習スタイルにも違いがあります。その子のタイプに合わせて、どこで学習をするのかを見極めることが大切です。たとえば、不安を感じやすい子には、リビングで見守りながら。周りの音に敏感な子には、子どもの部屋で取り組む、家具やパーティションで仕切った空間を作るなど、その子タイプと環境の相性を考えるようにしましょう。

学習内容

学習内容によっても、適した環境は変わってきます。「算数の難しい問題にじっくりと取り組みたい」や「文章をじっくりと書きたい・読みたい」といったシーンでは、子どもの部屋、もしくは、静かな空間で取り組めるようにするとよいですね。逆に、「簡単な計算や文字の練習がしたい」や「サポートが必要な作業をしたい」といった場面では、そばで親が見守ってほめたり、言葉かけをしたりなど、コミュニケーションをとりながら進めたほうが効果的な場合もあります。臨機応変に環境を変えることも必要ですね。

楽勉環境

“楽勉”とは、生活の中で「楽しく」「楽に」学習することです。例えば、以下のような「楽に」始められて、「楽しく」遊んでいるうちに覚えてしまうアイテムを使います。

  • トイレットペーパーの芯にひらがなやカタカナを書いておく
  • 玄関や廊下に時計や暦を貼っておく
  • 風呂場に水性ペンやお風呂用シールを置いておく
  • リビングや寝室に地図やポスターを飾っておく
  • 食卓でクイズやカードゲームをする

これらは、子どもが自然と目にしたり手にしたりすることで、知識や技能を身につけることができます。また、親子で一緒に楽しむことで、学ぶことへの興味や関心も高まります。家庭の中に“楽勉”アイテムを取り入れてみましょう。

子ども部屋かリビングか?音・明るさ・姿勢・視覚情報・室温の5つのチェックポイント

次に、子どもの学習環境を考える際、「音」「明るさ」「姿勢」「視覚情報」「室温」の5つが、とくに気をつけたいポイントと言われています。チェックしていきましょう。

音のチェックポイント

とくに、リビング学習にいえることですが、音は子どもの集中力に大きく影響します。テレビの音や音楽、家族の話し声などは、子どもの気を散らしてしまいます。

【対策】テレビの音や音楽などは、音量を下げる、イヤホンで聴く、または、〇~〇時まではノーテレビタイムを作るなど、家族でルールを決めてもよいでしょう。また、静かな部屋やスペースに移動するといった方法もあります。

しかし、音が全くないというのも、子どもにとっては不自然な状態です。無音だと、耳が敏感になってしまい、外から聞こえる小さな音にも反応してしまいます。また、無音だと眠気が襲ってきやすくなります。

【対策】適度な雑音がある方が、子どもの集中力を高めるという研究結果もあります。カフェや図書館などの環境音を流すことで、子どもはリラックスして勉強に取り組めます。YouTubeやアプリなどで環境音を探してみましょう。

以上が、音のシャットアウトについての内容です。次は明るさについてお伝えします。

明るさのチェックポイント

学習スペースの明るさが十分でないと、目が疲れやすくなり、視力に影響が出る可能性があります。また、手元が暗いと、のぞき込むような体制になり、姿勢が悪く、体も疲れやすくなります。

【対策】勉強に必要な明るさは500~1000ルクスといわれています。リビングの明るさは、300ルクスほどなので注意が必要です。子ども部屋でも、リビング学習でも、必要に応じて卓上ライトを用意したり、十分な明るさがあるところに机を配置したりするとよいでしょう。

次は姿勢についてお伝えします。

姿勢のチェックポイント

足がぶらぶらしていると、集中力が散漫になってしまう子もいます。また、リビング用の家具は、勉強には向いていない場合があります。

【対策】子どもの足が安定するように足置き台を置く、高さを調整できるイスを使う、などの工夫をしましょう。座り心地がいい椅子の方が手中して勉強ができます。腕が自然に机につく程度にうまく調整してあげてください。

視覚情報のチェックポイント

子どもの視覚情報を整理することも必要です。目につく場所にゲームやおもちゃがあったり、テレビを見ている家族がいては、気が散ってしまいます。

【対策】不要なものは片づける、集中しやすいよう机の向きを変える、などの工夫をしましょう。卓上パーティションや卓上ボード、学習用バッグといった便利グッズを活用してもよいでしょう。

室温のチェックポイント

暑すぎると眠くなってしまうし、寒すぎると体がこわばり緊張してしまい、どちらも集中力がダウンしがちです。大人のように温度や湿度に合わせて、暑いから服を脱ぐ、寒いから服を着る、といった体温調節をすることは、子どもにとってまだ難しいものです。

【対策】机上に温度計と湿度計を置いておくのがおすすめです。自分の快適な温度と湿度を覚えておけば、自分で調節することができます。室温の目安は25℃で、湿度は50%前後になります。

以上が、子ども部屋かリビングか?音・明るさ・姿勢・視覚情報・室温の5つのチェックポイントについての内容です。次は子どもを伸ばすための“学習環境で大切な3つの視点”についてお伝えします。

子どもを伸ばす最大の環境は親の言葉かけ!ほめる・共感する・励ますコツ

子どもが自宅で学ぶためには、音・明るさ・姿勢・視覚情報・室温などの物理的な環境だけでなく、心理的な環境も大切です。子どもにとって、心理的な環境を作るのは、やはり親です。親の言葉かけは、子どものやる気や自信に大きく影響します。では、どんな言葉かけが子どもを伸ばすのでしょうか?

ここでは、ほめる・共感する・励ますという3つのコツをご紹介します。

ほめる

子どもは、親からほめられると嬉しくなります。ほめられると、自分のやったことが認められたと感じて、自己肯定感が高まります。また、ほめられることが目標になって、さらに頑張ろうという気持ちになります。しかし、ただ漠然と「すごいね」「よくできたね」というほめ方では、子どもは何がよかったのかわからないし、飽きてしまうかもしれません。効果的なほめ方としては、以下のポイントに注意しましょう。

  • 具体的にほめる:何がよかったのかを具体的に伝えることで、子どもは自分の長所や努力した点を認識できます。例えば、「この問題は難しかったけど、よく考えて解けたね」「この文章は言葉遣いが丁寧で読みやすいね」など。
  • 過度にほめない:子どもが普通にできることや当たり前のことを過度にほめてしまうと、子どもは親の期待に応えられない不安やプレッシャーを感じるかもしれません。また、本当に頑張った時にほめられても効果が薄れてしまいます。適度にほめることが大切です。
  • 成果だけでなく過程もほめる:子どもが目標に達した時だけでなく、目標に向かって努力した過程や工夫した点もほめてあげましょう。例えば、「この問題は解けなかったけど、いろんな方法を試してみたんだね」「この文章は書き直したり修正したりして工夫したんだね」など。そうすることで、子どもは失敗を恐れずにチャレンジする姿勢や成長する喜びを感じられます。

共感する

子どもは、親から共感されると安心します。共感されると、自分の気持ちがわかってもらえたと感じて、心が開きます。また、共感されることでストレスや不安を解消できます。しかし、ただ「わかったよ」と言うだけでは、子どもは本当にわかってくれているのか不安になるかもしれません。効果的な共感の仕方としては、以下のポイントに注意しましょう。

  • 気持ちを言葉にする:子どもの気持ちを言葉にして伝えることで、子どもは自分の感情を整理できます。例えば、「この問題は難しくてイライラしたね」「この文章は書くのが楽しかったね」など。
  • 体や表情で共感する:子どもの気持ちに合わせて、体や表情で共感することも大切です。例えば、子どもが悲しい時は優しく抱きしめたり、子どもが嬉しい時は笑顔で目を合わせたりするなど。
  • アドバイスや否定はしない:子どもの気持ちに共感するときは、アドバイスや否定はしないようにしましょう。例えば、「この問題は難しくてイライラしたね。でも、こんなことでイライラしてる場合じゃないよ」「この文章は書くのが楽しかったね。でも、もっとこうした方がいいよ」などと言ってしまうと、子どもは親に理解されていないと感じてしまいます。共感するときは、子どもの気持ちを受け止めるだけにしておきましょう。

励ます

子どもは、親から励まされると元気になります。励まされると、自分にはできるという自信ややる気が湧いてきます。また、励まされることで挑戦する勇気や継続する意志が強まります。しかし、ただ「頑張れ」と言うだけでは、子どもは具体的に何をすればいいのかわからないし、プレッシャーを感じるかもしれません。効果的な励まし方としては、以下のポイントに注意しましょう。

  • 目標を明確にする:子どもに頑張ってほしいことを明確に伝えることで、子どもは目標に向かって努力できます。例えば、「この問題は難しいけど、あと3問解けば終わりだよ」「この文章はあと少し書き足せば完成だよ」など。
  • 達成感を与える:子どもが目標に達した時や一歩前進した時に、達成感を与えることで、子どもは自分の成果を認められます。例えば、「この問題を全部解けたね!すごいね!」「この文章が完成したね!やったね!」など。
  • 次のステップを示す:子どもが目標に達した後や挫折した後に、次のステップを示すことで、子どもはさらなる成長を目指せます。例えば、「この問題を全部解けたね!次はもっと難しい問題に挑戦してみようか」「この文章が完成したね!次は読み返してみて修正してみようか」など。

まとめ

以上が、親の言葉かけのコツです。親の言葉かけは、子どもの学習意欲や学習効果に大きく影響します。子どもが自宅で学ぶためには、親が適切な言葉かけをしてあげることが必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次