幼児の早期教育で成長を促す!5つのポイント

diligent small girl drawing on paper in light living room at home

子供たちが安全に成長してほしいと思う方は、ぜひご覧ください。
子どもたちの総合的な発達に向けた重要な一歩です。早期から音楽、美術、語りかけ、運動など様々な活動に触れさせることで、感覚を刺激し認知的・身体的な成長を促すことができます。本記事では、幼児の早期教育において効果的な5つのポイントを紹介します。親御さんはぜひ、子どもたちの将来を見据えて参考にしてください。

  1. 多様な活動に触れさせる:
    音楽、美術、語りかけ、運動など、様々な活動に触れることで、感覚を刺激し認知的・身体的な成長を促します。
  2. 無理なプレッシャーは禁物:
    子どもたちは自分自身のペースで成長するため、ある特定の目標を達成するためのプレッシャーは逆効果となることがあります。
  3. 楽しい経験を提供する:
    幼児期の教育は、子どもと保護者の双方が楽しく過ごせる経験であるべきです。探究心を促し、学ぶことを奨励する育児環境を築くことが大切です。
  4. 保護者の働きかけが重要:
    幼児期の教育においては、保護者の関与が重要です。積極的に関わり、子どもたちの成長をサポートすることが必要です。
  5. 安全で快適な環境を整える:
    安全で快適な環境を整えることが、子どもたちが学び、探究することを促すために必要です。適切なスペースと道具を提供し、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

それでは詳しく説明していきます!

1. 多様な活動に触れさせる

親として不安になったことはありませんか?
自分の子は発達が遅れているのではないだろうか。。。

先天的な状況を除き、様々な活動に触れさせることができない場合、認知的・身体的な成長に必要な経験が足りず、発達の遅れが生じることがあるといわれています。

幼児期には、様々な感覚的な経験が成長にとって重要です。音楽や美術、運動など、多様な活動に触れることで、身体的な発達や感性・感覚を刺激し、認知的な成長を促します。
たとえば、音楽を聴いたり歌ったりすることで、リズム感やメロディーの記憶力、言語の発達を促し、社交的なスキルも身につけます。また、美術に触れることで、色や形、質感などを学び、創造性や想像力も育ちます。
さらに、運動を通じて、体力や協調性、自己表現能力を養うことができます。多様な活動に触れることで、幅広い経験を積み、自己肯定感や自己表現能力、社交性など、幼児期に必要なスキルを身につけることができます。

何をすれば良いか分からないときにおすすめなのが、『0歳からの教育』です。そこには、子供たちの脳の成長に必要な保護者ができることが詳しく解説されています。
子供たちの成長をサポートするために、今すぐ始められる実践的なアドバイスがたくさんあります。自信を持って、子供たちの未来を育んでいきましょう。

0歳からの教育 知育編 (メディアハウスムック)

価格:865円
(2023/4/18 10:20時点)
感想(0件)

2. 無理なプレッシャーは禁物

子供がイライラしていることが多い、反応が薄くなっている、子供の異変に気付けていますか?

無理なプレッシャーや強制的な学習を課す場合、子どもたちはストレスや不安を感じることがあります。

幼児期は子どもたちが自分自身のペースで成長する大切な時期であり、無理なプレッシャーは成長に悪影響を与えます。例えば、ある特定のスキルや目標を達成することに焦点を合わせすぎると、子どもたちは失敗した場合に自己評価を低下させる可能性があります。
また、幼児期には遊びを通じて学ぶことが多いため、無理に勉強や訓練をさせることも、子どもたちの自発性や好奇心を損なう可能性があります。そのため、子どもたちの興味や能力を見極め、自然な流れに任せて成長することが大切です。保護者は、子どもたちが学びや遊びを通じて楽しみながら成長できる環境を提供し、子どもたちの自己肯定感や好奇心を育てることが重要です。

でも、親として、こういう子に育ってほしいという思いがあるはずです。そして、ストレスはどこかで必ず発生してしまいます。ストレスや不安が多い現代社会で育つ子供たちにとって、マインドフルネスは重要な考え方です。
マインドフルネスとは、今現在起こっていることに意識を向け、思考や感情に気づきながら受け入れることです。子供たちは自分の気持ちや身体の感覚に敏感であり、マインドフルネスを通して自己理解を深めることができます。また、マインドフルネスはストレスや不安の緩和にも効果があり、子供たちが健やかに成長するための重要なスキルとなります。
子供のためのマインドフルネスを学び、実践することで、子供たちが自己理解を深め、健やかに成長するための支援をすることができます。もし子供のストレスに迷ったら、ぜひこの本を読んでみてください!

3. 楽しい経験を提供する

「やりたくなーい」「やだー」よく聞きます。そして、黙ってやらないことも、しばしば。
理由は明白です。たぶん、親御さんは理解していると思います。そう、

「楽しくないから」

楽しい経験ができない場合、子どもたちの学習への意欲が低下することがあります。

楽しい経験を提供することは、子どもたちが学ぶために必要な要素の一つです。子どもたちは好奇心旺盛で、探究心があります。そのため、楽しい経験を通じて新しいことを学ぶことができます。
例えば、絵を描いたり、楽器を演奏したり、料理をしたり、自然の中で遊んだりすることが挙げられます。また、子どもたちが自分で問題を解決する機会を与えたり、遊びを通じて社会性を身につけることも重要です。
保護者や教育者は、子どもたちが自主的に楽しみながら学べる環境を整えることが必要です。楽しい経験を提供することで、子どもたちが学ぶことを楽しみ、学ぶこと自体にポジティブなイメージを持つことができます。

でも楽しいことってなかなか見つからないし、と思うかもしれません。どこかに連れて行かないと楽しくない、そんなこともありません。安心する家庭環境の構築や、子供とのコミュニケーションを育む基本は、家庭にあります。そんなおうちでの時間を充実させることができるかもしれない、この本をお勧めします。

4. 保護者の働きかけが重要

子供にいい影響を与えたいと思うのは、親の思いだと思います。でも、どうしたらいいか。。。

幼児期の子どもたちにとって、親や家族が積極的に関与することは非常に重要です。
保護者は、子どもたちが学ぶためのサポートを提供することができます。例えば、家庭での読み聞かせや、日常生活での問いかけや説明を通じて、子どもたちの興味を引き出し、学びの機会を増やすことができます。
また、子どもたちの成長を見守り、必要に応じて適切なサポートを提供することも大切です。保護者が子どもたちと共に学ぶ姿勢を持ち、一緒に成長していくことが、良好な親子関係の構築や、子どもたちの自己肯定感の向上にもつながります。

でも実際どういう対応をしたらいいのかと疑問に思うかもしれません。まずは子供とどうコミュニケーションすべきか。。。
そんな時にハッとさせられるのが、子供の心理を読み解くこの本を参考にしていただけたらと思います。

5. 安全で快適な環境を整える

子供の行動は予想がつかない。よそ見してぶつかったり、階段から落ちたり、日常にはさまざまな危険があります。

生活するうえで、親が最も気にしなければいけないことは、子どもたちが安全かつ快適に過ごせる環境を整えることです。
子どもたちは探究心旺盛で好奇心が旺盛ですが、その中で危険な状況や適切でない環境下での遊びや学習は身体的な危険やストレスにつながります。子どもたちが快適で安全な環境で成長できるよう取り組むことが必要です。

子供は何が危険か少しずつ学んでいきます。子供と一緒にこの本を読んで、一緒に危険なことを考えるのはいかがでしょうか。

コメント

  1. たぬきち より:

    ちょっと参考にしてみようと思った。