感情調整の発達:子どもが自分の気持ちをコントロールするために必要なこととは?

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

子どもは、自分の感情をうまくコントロールできるようになると、さまざまなメリットがあります。例えば、学習や社会的関係において、より効果的に行動したり、問題を解決したりできるようになります。しかし、感情調整は一朝一夕に身につくものではありません。子どもが感情調整を発達させるためには、親や周囲の大人がどのようなサポートをすればよいのでしょうか?

目次

感情を調整が発達するとはどういうこと?

感情調整の3つの要素

感情調整の発達には、以下の3つの要素が重要です。

  • 感情の認識:自分や他者の感情を正しく理解すること
  • 感情の表現:自分の感情を適切な方法で伝えること
  • 感情の調節:自分の感情を目的や状況に応じて変化させること

親が子どもにしてあげるポイント

親は、これらの要素を育むために、以下のようなことを子どもと一緒に行うことができます。

  • 感情に名前をつける:子どもが感じている感情やその原因を言葉で表すことで、感情の認識を促します。
  • 感情を受け入れる:子どもが感じている感情を否定せず、理解しようとすることで、感情の表現を助けます。
  • 感情をコントロールする方法を教える:子どもが自分の感情を落ち着かせたり、ポジティブに変えたりする方法を一緒に考えたり実践したりすることで、感情の調節を学ばせます。

感情を自分で認識し、表現し、調節できること

感情調整は、人間が持つ高次の認知機能の一つです。しかし、この機能は生まれつき備わっているわけではありません。子どもは、生まれたときからさまざまな感情を経験しますが、それらをコントロールする能力は徐々に発達していきます。その発達過程において、親や周囲の大人が果たす役割は非常に大きいです。

感情の認識

子どもが自分や他者の感情を正しく理解することは、感情調整の基礎です。この能力は、生後6ヶ月頃から発達し始めます。子どもは、親や他者の顔や声から感情を読み取ったり、自分が何を感じているか言葉で表現したりすることで、感情の認識を高めていきます。

親は、子どもが感じている感情やその原因を言葉で表すことで、感情の認識を促すことができます。例えば、「今日は楽しかったね。どんなことが楽しかったの?」や「お腹が空いてイライラしてるのかな?ご飯を食べたら気分が良くなるよ」といった具合に、子どもの感情に名前をつけて、その理由を一緒に考えることです。これにより、子どもは自分の感情を客観的に観察したり、他者の感情を推測したりする能力を身につけます。

感情の表現

子どもが自分の感情を適切な方法で伝えることは、感情調整の重要なステップです。この能力は、生後12ヶ月頃から発達し始めます。子どもは、親や他者とのやりとりの中で、自分の感情を表す方法を学んでいきます。例えば、喜びや悲しみを笑顔や泣き声で表したり、怒りや不満を言葉や身振りで表したりすることです。

親は、子どもが感じている感情を否定せず、理解しようとすることで、感情の表現を助けることができます。例えば、「怒ってるんだね。どうして怒ってるの?」や「悲しい気持ちだね。どうして悲しいの?」といった具合に、子どもの感情を受け入れて、その理由を聞くことです。これにより、子どもは自分の感情を正当化されたり無視されたりすることなく、安心して伝えることができます。

感情の調節

子どもが自分の感情を目的や状況に応じて変化させることは、感情調整の最終的な目標です。この能力は、生後18ヶ月頃から発達し始めます。子どもは、親や他者から教えられたりモデルされたりすることで、自分の感情をコントロールする方法を学んでいきます。例えば、自分の気持ちを落ち着かせるために深呼吸したり、自分の気持ちをポジティブに変えるために楽しいことを考えたりすることです。

親は、子どもが自分の感情を落ち着かせたり、ポジティブに変えたりする方法を一緒に考えたり実践したりすることで、感情の調節を学ばせることができます。例えば、「怒ってる時は深呼吸してみよう」や「悲しい時は好きな絵本を読んでみよう」といった具合に、子どもに感情調節のストラテジーを提案したり示したりすることです。これにより、子どもは自分の感情に対処するスキルを身につけます。

感情を調整することは成長のあかし

感情調整は、子どもが生まれながらに備わっている能力ではなく、親や周囲の大人のサポートによって発達していきます。親は、子どもの感情に名前をつけたり、感情を受け入れたり、感情をコントロールする方法を教えたりすることで、子どもの感情調整の発達を助けることができます。感情調整の発達は、子どもの学習や社会的関係において、多くのメリットをもたらします。親は、子どもの感情調整の発達を大切にし、子どもと一緒に感情に向き合うことが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次