【必読】社会性の発達|子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは?

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
photo of people s hand on top of wooden table

この記事では、子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは何かについて、社会性とは何かを簡単に解説し、子供が将来社会性を身につけていくためのポイントを解説していきます。

  • 社会性の重要性は理解しているが、具体的にどのように教え、育てるべきかわからない。
  • 子どもが他の子と上手く遊べないことや、共感力が足りないように感じる。
  • 忙しい日常の中で、子どもに適切な社会的スキルを教えるのはどうしたらいいかわからない。
  • 子どもの社会性の発達についての情報が多すぎて、何が正しいのか混乱している。

こんな不安を抱えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

親として、幼稚園や保育園、小学校でうまくやっているかは非常に不安ですよね!

そして過干渉になりすぎて、これじゃダメかなと思ったり、でも言わないと不安だったりと、親のほうが気を回しすぎることがよくあります。

子どもは子どもなりに自分で生きれるように学んでいます。

そして、親はその成長をぐっと我慢してサポートしてあげるべきだと思います。

少し思い出してください。

あなたのお父さんお母さんは、どれだけあなたに期待していたでしょうか。

今のあなたと同じです。

そして、人間ですから、良い面も悪い面も持ち合わせ、色々な意味で考えながら子育てをしていたということを、今ならわかると思います。

では、子どもが社会で生きていくための社会性を育むために親が知ることとはどんなことでしょうか?

目次

子どもの社会性とは|親が知るべきこと

社会性を端的に言うと、「人が社会集団の一人として生きる能力」です。

人は他者と関わらず、一人きりで生きていくのは難しい生き物です。

子どもたちにとって、社会性は自分の気持ちを伝えたり、他人の言葉を受け入れたりすることから始まります。

なので、言葉を理解すること、すなわち国語力を高めること、そして他人との関わりを自信をもってできることが重要になります。

また、ただ相手とコミュニケーションをとるだけでなく、他人を思いやる心も社会性を形成する大切な要素です。

生まれてから成人するまでの間に、子どもたちはさまざまな経験や関わりを通じて発達していきます。

子どもの社会性を育むためには、親や保育者が子どもの気持ちやペースを尊重し、安心できる環境や多様な体験を提供することが重要です。

また、子ども自身が自分の感情や意志を表現し、他者と協調したり思いやったりすることで、自己肯定感や道徳性を高めることができます。

子どもの社会性の基本は家庭での愛

人の根源的欲求を現したマズローの法則では、社会的欲求は愛の欲求とも呼ばれます。

ずっと一人でいると「寂しい」「誰かと話したい」という気持ちになるのは、この欲求があるからです。

社会的欲求は、家族や組織などの社会的集団に所属して精神的に満たされた状態になりたいという欲求です。

家族に認めてもらいたいという社会的欲求が現れてくるのは、自分遊びから周りと一緒に遊びだす頃で3歳頃だと言われます。

子どもが一番最初に所属する家族という社会での行動が後の子どもの社会性に大きく影響を与えます。

そして、社会的欲求が満たされた子供は、総じて社会性が高いといわれています。

これは、自分がしてもらったことを当たり前のこととして認識しており、相手にも当たり前のことをするため、傍目には社会性が高く見えるようです。

このため、社会性を育む基本は家庭での愛だと言えます。

相手に適切な行動をとろうとする経験が社会性を育てる

相手を思いやって行動することで、「対人関係」をうまく築いていくことができます。

しかし、相手がどう思うかは、日々の生活の中で経験を積んでいくことが重要です。

子どもと親、子どもと先生、子どもと友達など、そのどれもが重要な経験になります。

日々の経験の積み重ねによって、相手の気持ちにも寄り添い、良好な関係が築ける状態になっていきます。

もし友達の間で問題が起きても、よほどの危険がない場合、子どもたち自身に問題の解決を任せることが重要です。

社会性を子どもが身に着けるには?

具体的に社会性を身に着けていくにはどのようなことが重要かを年齢別に解説していきます。

乳児期(0~1歳)

  • 乳児期の子どもは、自分と他人との境界があやふやです。
  • 親子のスキンシップなどを通して愛情を受けることで、親子の信頼関係が深まり、子どもの情緒が安定します。
  • この基本的な信頼感が、人への信頼感や社会性の基盤となります。

赤ちゃんへの働きかけのポイント

赤ちゃんは、親から抱っこされたり声かけされたりすることで安心感を得ます。

親から離れて泣いたり笑ったりすることで自分の感情を表現します。

親から目配せされたり手招きされたりすることでコミュニケーション能力が育ちます。

赤ちゃんはまだ多くのことを理解できませんが、幸福感や不安感は敏感に感じ取ります。

やさしい感情は社会性の礎になるので、パパ・ママが協力して家事育児を行い、笑顔の多い環境を作ってあげることが重要です。

パパがママをサポートするべき理由、パパが家事や子育てにかかわる重要性については下記を参照してみてくださいね!

あわせて読みたい
【必読】子育てにおけるパパの進化:赤ちゃん時代のサポートから社会性を育てる この記事では、パパが子育てにどのように関わっていくべきか、その役割が子どもの成長とともにどのように変化するかを解説します。 特に、パパのサポートの進化に焦点を...

幼児期(2~5歳)

  • 幼児期前期(2~3歳)になると、子どもの自我が芽生えてきます。
  • 子どもによっては保育園などで集団生活が始まりますが、ひとり遊びや大人との遊びが中心です。
  • 子どもに守るべきルールやマナーについて教えることが大切です。

幼児期前期への働きかけのポイント

2歳児から成長するにつれ、「自分」と「他人」、「自分」と「物」、「自分」と「環境」の区別ができるようになります。自分の好きなものや嫌いなものをはっきりと言えるようになります。

しかし、他人の気持ちや考えを理解することはまだ難しいです。

自分の思い通りにならないと怒ったり泣いたりすることがあります。

この時期に最も重要なのはパパの存在です。

ママはお腹の中にいるときから一番近くで声を聴いてきた安心できる存在です。

そして、パパは言わばこの世に生まれ出て初めて出会う他者です。

ママとパパが子どもの感情を受け止めてあげることや、物事の理由を説明してあげることで最初の社会性が育ちます

しかし、子どもからすると、まだほとんどのころは理解できないというのが、正直なところです。

なので、「何でできないの!」は我慢して、伝えるということを意識して話しかけてください。

この時期は、赤ちゃんに物事を理解させるというよりも、話している人に注意を向けて聞けているかが最も重要です。

本当にここは忍耐です。

例えば、全く聞いたこともない外国の言葉で、現地の言葉であなたに話しかけてきたらどうでしょう。

そして怒り心頭で怒鳴り散らしています。

でも何を言っているかわからない。

怖いですよね!

子どもも、そのような態度を理解できない状態で取られたら恐怖を感じてしまいます。

でも相手が優しく何度も伝えようとしていたら、どうでしょう。

理解しようという気持ちになるのではないでしょうか。

子どもにも同じことが起こっていると考えて、ぜひ話を聞けるかに焦点を当ててみてください。

幼児期後期(4~5歳)

  • 幼児期後期(4~5歳)になると、外遊び・園生活などを通して少しずつ子どもの社会性が育まれていきます。
  • 子ども同士で遊ぶ機会が増えていきますが、道徳性や思いやりの心などを育んでいくことが大切です。

幼児期後期への働きかけのポイント

4~5歳児は、友だちと一緒に遊ぶことが楽しくなります。

自分の役割やルールを決めて遊ぶことができるので、積極的にロールプレイで誰かになりきることで、様々な経験を積むことができます。

しかし、自分の意見や要求を押し通そうとしたり、友だちのものを取ったりすることもあります。

この時期は、まだ子どもだけで善し悪しを判断するのは難しい場合があります。

ただし、すぐに介入してしまうと、子どもたちの経験を奪ってしまうので、危険がない限りは様子を見ましょう

その後、親が子どもに対して「どうしてそうしたのか」「どうすればよかったのか」「相手はどう思ったか」などを問いかけてあげることや、正しい行動や態度を示してあげることが必要です。

頭ごなしに叱ってはいけません。

もし叱る必要がある場合でも、叱ったことが理解できるまでは、きちんと目を見て、説明して、伝えてください。

子どもの中では、怒鳴り声は恐怖でしかなく、理解できないまま、怒られた記憶だけが残ります

そして、理解できていないので、同じことをやります。

でも、冷静に話しかけたら、首を縦に振って分かった、首を横に振って分からない、をしっかり示してくれるようになる時期でもあります。

子どもの声に共感し、相手がどう感じるかを伝えて、気づかせてあげてください。

もちろん、悪いことは悪いと、きちんと叱る必要があります。

叱るというのは、怒ることではありません。

子どもを叱るときは、子どもの視界に自分だけが入るようにして、できるだけ淡々と、何が危険だったのか、何が迷惑だったのかを、説明します。

そして、最後は分かったかを確認し、理解できたことを褒めて抱きしめてあげます。

子供は怒られると嫌われたと感じこともあります。

子どもが大切であることを示すことを忘れないでください。

学童期(6~11歳)

  • 学童期になると、言語能力や認識力が高まり、自然等への関心が増えます。
  • 善悪についての理解と判断ができるようになります。
  • 集団の中で周囲と協調した行動をする「集団行動」や社会情勢や風潮に関心を持つ「社会的関心」が発達します。
  • 自分の気持ちや要望の伝え方、相手の気持ちを思いやる心、意見が衝突したときの折り合いのつけ方など、対人関係で求められるスキルを学びます。

学童期への働きかけのポイント

6歳児からは、守るべきルールがある学校生活で、お互いに譲り合うことなど、様々な成長がみられます。

友だちと仲良く遊んだり話したりすることが好きで、自分の考えや感じ方を言葉で表現できるようになります。

しかし、自分の考えが正しいと思い込んだり、友だちを仲間外れにしたり、あるいは、されたりすることもあります。

この時期には、親は親や保育者が子どもに対して「他人から見た自分はどうか」「他人の考え方や感じ方はどうか」「自分以外にも正しい考え方はあるか」などを問いかけてあげることや、多角的な視点から物事を考える方法を教えてあげることが必要です。

青年前期(12~15歳)

  • 青年前期になると、思春期に入り、自分独自の内面の世界があることに気づきます。
  • 自意識と客観的事実との違いに悩み、自らの生き方を模索しはじめます。
  • 友人関係に自らへの強い意味を見いだします。
  • 抽象的な思考や他者の視点に対する理解が深まります。
  • 自他の尊重の意識や他者への思いやりなどが涵養されます。

青年期への働きかけのポイント

12歳以降は、自分の身体や性別に関する変化に戸惑ったり興味を持ったりします。

自分の価値観や信念を持ち始めます。

しかし、自分がどんな人間なのか、どうありたいのかという問いに答えることが難しいです。

この時期には、子どもに対して「自分はどんな人間か」「自分は何をしたいか」「自分は何を信じるか」などを問いかけてあげることや、自分らしく生きる方法を探すことを応援してあげることが必要です。

社会性は社会を生き抜く基盤

子どもの社会性は、生まれてから成人するまでの間に、さまざまな経験や関わりを通じて発達していきます。

子どもの社会性を育むためには、親や保育者が子どもの気持ちやペースを尊重し、安心できる環境や多様な体験を提供することが重要です。

また、子ども自身が自分の感情や意志を表現し、他者と協調したり思いやったりすることで、自己肯定感や道徳性を高めることができます。

子どもの社会性は、子どもが幸せに生きていくために必要な能力です。

私たちは、子どもたちが社会性を発達させることを応援し、支援していきましょう

ママとパパの心構え

あわせて読みたい
【必読】子どもの教育を考えるときに一番最初に考えるべき1つのこと この記事では、子育てするにあたり、考えておくべき、重要なことをお伝えします。 こんな方に読んでほしい・子育てをどうしようか悩み中・これから始めようと思っている...
あわせて読みたい
【必読】子育てにおけるパパの進化:赤ちゃん時代のサポートから社会性を育てる この記事では、パパが子育てにどのように関わっていくべきか、その役割が子どもの成長とともにどのように変化するかを解説します。 特に、パパのサポートの進化に焦点を...

子どもができたら読んでおきたいこと

あわせて読みたい
お腹の赤ちゃんへ愛の言葉で育む、かけがえのない絆~誕生前から始まる、心の温もりを伝えるコミュニケ... ママの声は、赤ちゃんにとって世界で一番心地よい音色です。 妊娠中は、新しい命の誕生に向けて、様々な準備を進める時期です。その中でも、お腹の赤ちゃんに話しかける...

子どもが赤ちゃんの時に考えたいこと

あわせて読みたい
赤ちゃんから始める遊びを体験させてあげよう!~小さな身体、指先から無限の可能性を育む~ この記事では、赤ちゃんからはじめられる遊びについて、ポイントを押さえて解説します。 赤ちゃんからハイハイ卒業まで、どうしていますか? ・何もしなくても、自然と...
あわせて読みたい
愛情たっぷりのスキンシップで、心も体も健やかに育もう~小さな手と手をつなぐかけがえのない時間 生後最初の1年間は、赤ちゃんの発達にとって決定的な期間です。 この時期における親子間のスキンシップは、子どもの感情的、社会的、身体的発達の基盤を形成します。 実...

子どもがなぜを始めたら読んでほしいこと

あわせて読みたい
なぜ?どうして?好奇心の芽をぐんぐん伸ばす質問の魔法|未来を生きる力を育む3つのヒント 【なぜ「どうして?」の質問が大切なの?】 1歳を過ぎる頃から早い子は言葉を発します。子どもが世界に興味津々で、目覚ましい成長を遂げる時期です。この時期に「どう...

幼少期からこれだけはやったほうがいいこと

あわせて読みたい
早期からの絵本の読み聞かせが子どもの未来を豊かにする理由|子供の創造性と学習への鍵 子どもの可能性は、幼年期に大きく左右されます。この時期にしっかりとした基礎を身につけることができれば、将来自分で勉強したり、人より早く物事を理解したりと、親...
あわせて読みたい
【必読】絵本の読み聞かせで子供に考えさせよう!|想像力を育む8つ方法と3つの秘訣 この記事では、子どもに絵本を読んであげたいと思うときに、知っておきたいことについて詳しく解説していきたいと思います。 子供が絵本に興味を持ってくれない 子供に...

子どもに論理的な考え方をつけたい

あわせて読みたい
未来を生き抜く力を育む!論理的思考を遊びで楽しく鍛える この記事では、論理的思考を鍛えるためのアイデアを解説します。 皆さんはもう小学校からプログラミングの授業が始まっていることはご存じですか? 論理的思考は、プロ...

子どもの社会性を育てるには!?

あわせて読みたい
【必読】社会性の発達|子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは? この記事では、子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは何かについて、社会性とは何かを簡単に解説し、子供が将来社会性を身につけていくためのポイント...
あわせて読みたい
学童期の成長と発達:6歳から12歳までの子どもが挑戦すべきこととは? 学童期は、子どもの身体的、知的、感情的、社会的な発達がさらに進む時期です。 この時期に子どもが挑戦すべきことは何でしょうか? そして、親や教育者はどのように子...

将来に向けて知っておきたいこと

あわせて読みたい
【必須】グローバル教育を家族で取り組む|子どもが国際社会で活躍するために必要なこととは? この記事は、グローバル教育とは何かを分かりやすく解説します。 グローバル化が進む現代社会では、世界の共通認識となりつつあるSDGsやDEIといった考え方が重要になっ...
あわせて読みたい
AIと人間:家族が一緒に学べるAIの基礎 人工知能(AI)は、私たちの日常生活に深く根ざし始めています。スマートフォン、自動運転車、オンラインショッピングの推奨事項など、AIは多方面で活用されています。...
あわせて読みたい
未来の地球を守るためにできること:家族で考えるSDGsガイド 地球上のすべての人々の生活を改善するために、国連が設定したSDGs(持続可能な開発目標)は、私たち一人ひとりにとって非常に重要です。これらの目標は、環境保護、経...
あわせて読みたい
【徹底解説】DEI(Diversity:多様性の認知、Equity:公平な機会、Inclusion:皆が活躍できる空間)とは この記事ではDEIとは何かをわかりやすく解説していきます。 DEI、D&I、DEIBという言葉を聞いたことはありますか? 近年、教育現場や社会全体で注目を集めているのが...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次