早期からの絵本の読み聞かせが子どもの未来を豊かにする理由|子供の創造性と学習への鍵

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
絵本を読む幼児

子どもの可能性は、幼年期に大きく左右されます。この時期にしっかりとした基礎を身につけることができれば、将来自分で勉強したり、人より早く物事を理解したりと、親の苦労や負担も激減します。。

ここでいう基礎というのは、長期間にわたって自分で学んで成長していく力です。

その最初の入り口となるのは、外の世界に興味を持つ、つまり様々なことに興味を持つことです。

この力を育むのに最も適しているのが、両親の語り掛けであり、絵本を読んであげるというのが、生まれた世界で初めて、刺激的で、様々な分野に通じることのできるコミュニケーションになります。

絵本を読むということは、子供の創造性と学習を伸ばすための最適な方法の一つです。絵本は、親と子の対話をしながら、子供の想像力を刺激し、豊かな語彙力を養い、世界への理解を深めていくものです。

子どもは分かっています。両親が自分のために時間を使って本を読んでくれていることを。そして、安心します。それは家庭が安心できる心理的安全性のある場所につながっているといことも言えます。

目次

なぜ早期からの絵本読み聞かせが必要か、その方法とは

早期から絵本に親しむことは、子どもの語彙力の向上、想像力の育成、そして親子の絆を深める絶好の機会です。1歳から3歳の間は、言語の吸収が特に活発に行われる時期。この貴重な時期に、絵本を通して様々な言葉や世界観に触れさせることで、子どもの語学習得の基礎を固めることができます。親としては、子どもが自然と言葉を楽しみながら学べるよう、日常的に絵本を読む時間を設け、興味を引く内容を選ぶことが大切です。

この記事は、1歳から3歳までのお子さんをお持ちの親御さんを対象にしています。子どもの語彙の発達に興味があり、育児の中で絵本を有効活用したい方々に向けた内容です。

言葉の理解は学習能力の基礎を築く

早期から言葉に触れることで、子どもは言葉のリズムや音の違いを自然と学びます。これは読み書き能力の基礎となり、将来的に学習する際の土台を築くことにつながります。絵本を読むことは、ただ言葉を覚えるだけでなく、物語の流れを理解することにも役立ち、複雑な思考能力の発達に寄与します。

絵本は情緒的な安定にも貢献する

共に絵本を読む時間は、親子の絆を深める貴重な瞬間です。この時間を通して、子どもは安心感を得られ、情緒的な安定に繋がります。また、絵本の中の様々な場面に共感することで、感情の認識や表現能力も養われます。

早期教育は社会性の発達に寄与する

絵本には多様なキャラクターや状況が登場します。これらの物語を通じて、子どもは人との関わり方や協力の重要性を学びます。早期から社会性を育むことは、将来的に友人関係や学校生活での適応能力を高めることに繋がります。

早期からの絵本読み聞かせが必要

子どもの成長には、愛情あふれる支援が不可欠です。絵本を通じて、言葉の豊かさ、情緒の安定、社会性の基礎を育むこと。これらはすべて、子どもが幸せで充実した未来を歩むための重要なステップです。親御さんが子どもと共に絵本を楽しむことで、学びと成長の道を優しく照らしてあげてください。

絵本を読み聞かせることとはどういうこと?

絵本を子どもに読んであげることは、とても良いことで、デメリットはないように思えます。デメリットは、子どもにはないですが、やはり親に多く発生することになります。

絵本を読むデメリットとは

絵本を読む際に発生するデメリットは以下のようなものがあります。
・絵本を読むのに時間がかかる
・絵本を買うにはお金がかかる

絵本を読むのに時間がかかる

絵本の読み聞かせは、いつでもできることですが、おそらく多くの方が、子どもを寝かせるタイミングで読むことになると思います。でも遅く帰ってきて、ご飯作って、お風呂入って、食べて、片づけて、ということをやっていると、夫婦で対応しても時間がない状況が発生したりします。そして、子どもが少し大きくなってくると、ほぼ毎日読んであげることになりますので、時間の使い方は非常に重要になってきます。時間に関してはデメリットしかなさそうですが、実は、子どもに対して絵本を読むことで得られるメリットもあります。

絵本を買うにはお金がかかる

絵本の読み聞かせは、毎日すると書きましたが、絵本を毎日読むということは、種類も多く必要になってくるということです。このため、色々な本を読んであげようとするとその分お金がかかることになります。もちろん同じ本を何度も読んでほしいという子どももいるので、その場合は、飽きるまで何度も読んであげることは実は重要です。

また、0歳から2歳くらいまで、子供がまだ本をいうものを物語として認識していない状態では、本を破いてしまったりすることがありますが、ここはあきらめて、物語を聞いてくれる時期になるまで我慢の時期になります。逆に言えば、この時期は、「いないいないばあ」だったり、「おつきさまこんばんは」だったり、視覚に訴えるような本が有効ですが、破られてしまうと再購入や借り物なら弁償のお金がかかってしまいます。中古品が我慢できるのであれば、少し安く購入が可能と思いますが、衛生面を考えると新品を買うのがよいと私は思います。

絵本を読むメリットとは

絵本の読み聞かせには、以下のような効果があります。
・子どもが寝る前に読むと、寝付くリズムを作れる
・スマホの弊害をなくし、良質の眠りで成長する
・絵本が早く自分で読めるようになり、親の時間が早く作れるようになる
・言語が発達し、興味や関心を色々なことに持つような子に育ちやすい

子どもの寝付くリズムを作れる

本を読むことで、寝付きがよくなる理由はいくつかあります。以下に説明します。

絵本の内容に入り込むことで、ストレスが軽減されます。子どもは刺激がないとストレスが溜まります。動いたり、お散歩したりすることで、ストレスを軽減しますが、娯楽が少ない中で、ストレスがたまると、睡眠の質を低下させる要因の一つになります。絵本を読んで寝るというリズムをつけることで、寝付きを良くしていくことができます。日中体力を使っていないと、絵本を読む時間が長くなるので、そこは注意が必要です。

スマホやタブレッドを見せずに深い眠りにつかせる習慣がつけられる

今の時代だと、スマホやタブレットが生活の一部になっており、子どもにも見せてしまう状況が発生するかもしれません。特に、寝る前に見せてしまうと、寝つきが悪くなり、成長の妨げになってしまいます。これを防ぐために、寝る前の習慣として、物理的な絵本を使用することで、ブルーライトから遠ざけ、メラトニンの分泌を促進することで良質な睡眠を確保することができるようになります。

スマホを子どもに使わせる弊害については、以下も参考になると思いますので、一読してもらえればと思います。

ARAonomy
【必読】スマホの使用時間が高いほど学力は低下する|親が考えるべき1つのこと この記事は、スマホ使用時間と学力の因果関係の事実から、親が行うべきことを解説していきます。親として、子どもにどうなってほしい、という願望があるでしょうか?その意...

絵本が早く自分で読めるようになり、親の時間が早く作れるようになる

絵本に興味が出て、字が読めるようになり、自分で読むとなると、親の手を離れ、自分で読んで自分で寝てくれるようになります。そうなると、親の時間が早く作れるようになります。ここまでくれば、しめたものです。ご両親にお疲れさまでした、勉強の礎を作って上げれた自分を褒めてあげてください。

言語が発達し、興味や関心を色々なことに持つような子に育ちやすい

子どもが受けるメリットは、様々なところで言われています。

子どもの想像力や語彙力、集中力などが育まれます。絵本の中の物語や登場人物に触れることで、子どもは言葉のリズムや意味を学び、自分の考えや感情を表現できるようになります。また、物語に没入することで、子どもの集中力も高まります。

子どもの知的好奇心や学習意欲が刺激されます。絵本にはさまざまなテーマやジャンルがあります。子どもは絵本を通して、自分の興味のあることや知らないことに出会い、新しい知識や体験を得ることができます。絵本は子どもの学びの入り口となります。

子どもの感性や情緒が豊かになります。絵本の中の登場人物の気持ちや行動に共感したり、反省したり、考えたりすることで、子供は自分や他者の感情を理解できるようになります。また、絵本の美しい絵や言葉に触れることで、子どもの感性や美意識も育ちます。

親子のコミュニケーションが増えます。絵本の読み聞かせは、親子のスキンシップや会話の機会にもなります。絵本の内容について話したり、子どもの感想や質問に答えたりすることで、親子の信頼関係や絆が深まります。また、親も子どもと一緒に絵本の世界を楽しみ、ストレスを軽減することができます。

以上のように、絵本の読み聞かせには、子どもの発達や親子関係に多くのメリットがあります。子供の年齢や興味に合わせて、楽しく絵本を読んであげてください。

絵本を調達する方法とは

絵本を読みだすと、小さい頃は、少しの種類で済みますが、2歳、3歳と年を重ねると、さまざまな種類の本に触れさせたいと思うのではないでしょうか。

ここでは、絵本を調達する代表的な内容を説明します。
・絵本を買う
・絵本サービスを利用
・図書館などから借りる

絵本を買う

絵本を買うには、Amazonや楽天Bookで買う方法もあるし、近くの本屋で実際見て購入することもできます。子どもが小さい頃は、本を汚したり破いてしまったりするので、自分のものとして買うのが無難です。

下記は一例を示していますが、絵本に興味を持つまでは、好きな本を、そしてそこから、年齢に合わせて、様々なジャンルに広げていくのが良いと思います。

絵本サービスを利用

絵本をすべて購入するのは非常に高額になります。このため、定期的に年齢に合わせて絵本を提案してくれる、絵本ナビというサービスがありますので、このようなサービスを利用するのも手の一つです。

あわせて読みたい
【おススメ】2,300冊が丸ごと試読OK!|子どもに最適な絵本を選ぼう この記事では、親子で楽しめる絵本セットを選ぶのに必要なサービス、絵本ナビサービスをご紹介します! こんな悩みをお持ちではありませんか? 子どもがすぐに飽きてし...

絵本サービスの中には、英語の絵本を提供しているサービスもありますので、もしグローバルな成長を意識しているのであれば、WORLDLIBRARY ENGLISHが提供する英語の本を利用するのもいいかもしれません。

また、興味がなかなかわかないお子さんには、仕掛け絵本という選択肢もありますので、以下も参考にしていただくと興味がわくかもしれません。

図書館から借りる

近くに図書館があれば、無料で様々な本が借りられる非常に有効な手段です。お子さんが本を大切にできるのであれば、親子で本を借りに行って、どんな本が読みたいかコミュニケーションをとるのも非常に良いです。

状況によって、いろいろな手段を使って、様々な本に子供が興味を持つようにしてあげると、親としても子供の成長を実感しながら安心できるのではないかと思います。

まとめ

絵本を読むことは、子どもにとって重要なことです。絵本は、子どもの想像力や語彙力、集中力などを育みます。また、子どもの知的好奇心や学習意欲、感性や情緒、親子のコミュニケーションなども豊かにします。絵本は、子どもの発達や教育に多くのメリットを与える素晴らしい教材です。

ぜひ、絵本を活用して、子供の成長をサポートしましょう。

ママとパパの心構え

あわせて読みたい
【必読】子どもの教育を考えるときに一番最初に考えるべき1つのこと この記事では、子育てするにあたり、考えておくべき、重要なことをお伝えします。 こんな方に読んでほしい・子育てをどうしようか悩み中・これから始めようと思っている...
あわせて読みたい
【必読】子育てにおけるパパの進化:赤ちゃん時代のサポートから社会性を育てる この記事では、パパが子育てにどのように関わっていくべきか、その役割が子どもの成長とともにどのように変化するかを解説します。 特に、パパのサポートの進化に焦点を...

子どもができたら読んでおきたいこと

あわせて読みたい
お腹の赤ちゃんへ愛の言葉で育む、かけがえのない絆~誕生前から始まる、心の温もりを伝えるコミュニケ... ママの声は、赤ちゃんにとって世界で一番心地よい音色です。 妊娠中は、新しい命の誕生に向けて、様々な準備を進める時期です。その中でも、お腹の赤ちゃんに話しかける...

子どもが赤ちゃんの時に考えたいこと

あわせて読みたい
赤ちゃんから始める遊びを体験させてあげよう!~小さな身体、指先から無限の可能性を育む~ この記事では、赤ちゃんからはじめられる遊びについて、ポイントを押さえて解説します。 赤ちゃんからハイハイ卒業まで、どうしていますか? ・何もしなくても、自然と...
あわせて読みたい
愛情たっぷりのスキンシップで、心も体も健やかに育もう~小さな手と手をつなぐかけがえのない時間 生後最初の1年間は、赤ちゃんの発達にとって決定的な期間です。 この時期における親子間のスキンシップは、子どもの感情的、社会的、身体的発達の基盤を形成します。 実...

子どもがなぜを始めたら読んでほしいこと

あわせて読みたい
なぜ?どうして?好奇心の芽をぐんぐん伸ばす質問の魔法|未来を生きる力を育む3つのヒント 【なぜ「どうして?」の質問が大切なの?】 1歳を過ぎる頃から早い子は言葉を発します。子どもが世界に興味津々で、目覚ましい成長を遂げる時期です。この時期に「どう...

幼少期からこれだけはやったほうがいいこと

あわせて読みたい
早期からの絵本の読み聞かせが子どもの未来を豊かにする理由|子供の創造性と学習への鍵 子どもの可能性は、幼年期に大きく左右されます。この時期にしっかりとした基礎を身につけることができれば、将来自分で勉強したり、人より早く物事を理解したりと、親...
あわせて読みたい
【必読】絵本の読み聞かせで子供に考えさせよう!|想像力を育む8つ方法と3つの秘訣 この記事では、子どもに絵本を読んであげたいと思うときに、知っておきたいことについて詳しく解説していきたいと思います。 子供が絵本に興味を持ってくれない 子供に...

子どもに論理的な考え方をつけたい

あわせて読みたい
未来を生き抜く力を育む!論理的思考を遊びで楽しく鍛える この記事では、論理的思考を鍛えるためのアイデアを解説します。 皆さんはもう小学校からプログラミングの授業が始まっていることはご存じですか? 論理的思考は、プロ...

子どもの社会性を育てるには!?

あわせて読みたい
【必読】社会性の発達|子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは? この記事では、子どもが他者と関わるために親が知るべき必要なこととは何かについて、社会性とは何かを簡単に解説し、子供が将来社会性を身につけていくためのポイント...
あわせて読みたい
学童期の成長と発達:6歳から12歳までの子どもが挑戦すべきこととは? 学童期は、子どもの身体的、知的、感情的、社会的な発達がさらに進む時期です。 この時期に子どもが挑戦すべきことは何でしょうか? そして、親や教育者はどのように子...

将来に向けて知っておきたいこと

あわせて読みたい
【必須】グローバル教育を家族で取り組む|子どもが国際社会で活躍するために必要なこととは? この記事は、グローバル教育とは何かを分かりやすく解説します。 グローバル化が進む現代社会では、世界の共通認識となりつつあるSDGsやDEIといった考え方が重要になっ...
あわせて読みたい
AIと人間:家族が一緒に学べるAIの基礎 人工知能(AI)は、私たちの日常生活に深く根ざし始めています。スマートフォン、自動運転車、オンラインショッピングの推奨事項など、AIは多方面で活用されています。...
あわせて読みたい
未来の地球を守るためにできること:家族で考えるSDGsガイド 地球上のすべての人々の生活を改善するために、国連が設定したSDGs(持続可能な開発目標)は、私たち一人ひとりにとって非常に重要です。これらの目標は、環境保護、経...
あわせて読みたい
【徹底解説】DEI(Diversity:多様性の認知、Equity:公平な機会、Inclusion:皆が活躍できる空間)とは この記事ではDEIとは何かをわかりやすく解説していきます。 DEI、D&I、DEIBという言葉を聞いたことはありますか? 近年、教育現場や社会全体で注目を集めているのが...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次