【必読】社会性を育てるための基礎知識|家庭・個・社会3つの関係性を知る

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
プログラミング

この記事では、子どもが社会性を獲得するために、親が知っておくべき、家庭と個、社会の3つの関係性について解説していきます。

子供が成長して社会へ出ていくのに子どもを心配しない親御さんはそうはいないと思います。

でも社会に出るまで、実際何をしてあげたらいいかわからぬまま、子供は自然に成長するから何もしなくていい、としてしまうのは、ちょっと残念な言い訳ではないでしょうか?

放っておいて1成長するかもしれない状況が続くのと、働きかけて3でも4でも成長していく姿を見れるのとでは、まったくその後の人生が変わっていきます。

社会性の醸成に最も寄与する家庭での信頼感や心理的安全性が欠如すると、子どもの人生だけではなく、親を含めた家族の人生にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

今回の記事では、社会性とは何か、そして社会性を育てるために知っておきたいことについてお話していきます。

目次

社会性を育てる意義は、自立できること

社会性は、人間が社会の一員として他者と円滑に関わり、適切にコミュニケーションを取り、協力して生活するための能力や態度を指します。

一方で、社会性がある人は、他者との関係を築き、維持し、発展させる能力に優れており、共感や思いやりを持って他人の気持ちを理解し、助け合うことができます。

その根底にあるものは何でしょうか。

それは相手を理解し、相手の価値を認めることができるかどうかです。

これはグローバルな活躍が要求される現代においても重要な考え方になっていますので、以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
【徹底解説】DEI(Diversity:多様性の認知、Equity:公平な機会、Inclusion:皆が活躍できる空間)とは この記事ではDEIとは何かをわかりやすく解説していきます。 DEI、D&I、DEIBという言葉を聞いたことはありますか? 近年、教育現場や社会全体で注目を集めているのが...

では具体的に社会性があるというのはどういう状況を指すのでしょうか。

社会性のある人の行動とは

  1. 共感と理解ができる
    • 他者の感情を理解し、共感することは、信頼関係を築くのに重要です。
  2. 協力・助け合える
    • 団体活動や共同作業では、協力することで効率的に目標を達成できます。
  3. 適切なコミュニケーションが取れる
    • 効果的なコミュニケーションは、誤解や摩擦を減らし、良好な関係を保つ基盤となります。

社会性があるというのは、相手と良好な関係性を築くうえで、相手を理解し、自分の価値をお互いに活かせる状況を築けるかということだと思います。

これはすなわち「自分で社会を生き抜く力を持つこと」であり、自立した一人の人間として生きていけることを意味しています。

社会性の発展に必要な3つの要素

3つの要素とは、家庭の環境、個の認識、社会での学習です。

これらをバランス良く醸成することは、将来の成功への鍵です。

例えば、家庭で自分に自信が持て、他人との比較の中で、自分の得意なことが認識できていれば、自分に自信をもって発言したり、新しい挑戦に対しても積極的になり、失敗を恐れず行動したりすることができます。

また、積極性が高いということは、物事の理解も早まり、理解が早ければ、すなわち相手の立場に立って考えられるということになります。

相手の言うことを理解して、自分からも主張や同意、共感を示すことができます。

一方で、そもそも知識が不足していると、相手の言っていることが理解できなかったり、あるいは、社会に出たときに馬鹿にされたりすることで、自信を失うことになりかねません。

家庭の環境、個の認識、社会での学習、この3つの要素を考慮して、親から子への働きかけを実践することで、子どもが学校だけでなく、社会でも自信を持って活動できるようになります。

この3点が深く絡み合っていることを理解し、家庭での働きかけを考慮することで、子どもの社会性の成長をサポートできるのです。

家庭は自信を育てることが重要

家庭は、コミュニケーションの基盤になり、日々の何気ない会話が社会性に影響します。

家庭が社会性を育てるもっとも基礎的な場所といっても過言ではありません。

家庭では、子どもが安心に暮らせる空間を作ってあげるとともに、

  • 自分が得意と思えることを見つけ、自己肯定感を高めることで、他人と関わる自信をつけてあげる
  • 自信をもって積極的に誰かと関われるコミュニケーション力を育てる
  • 相手や周りを理解してコミュニケーションがとれるように基礎的な理解力や表現力を鍛える

以上から分かるように、誰かとコミュニケーションを取るには、コミュニケーション力と基礎的な理解力や表現力を鍛えることに加え、子どもの自信をつけることが非常に重要です。

それでは子どもの自信とはどこから来るものでしょうか?

親が子どもの個を認識し、自分の得意なものを認識させる

自分がどんな人間で何が得意なのかは案外自分では分からないものです。

他人から褒められたり、あるいは学校のテストやスポーツの結果で明確に差が見えて、初めて自分はそうだったのかなと、気づくこともあります。

自分を客観的に見ようとしてもなかなか難しいものですので、まして子どもの視点で客観性を持つことはほぼ不可能でしょう。

なので、そこは親が見つけてあげる必要があります。

例えば、子どもが学校で褒められて帰ってきたらうれしい顔をしていますよね。

それは小さなことでも構いません。

算数がみんなよりできた、漢字がみんなよりできた、音楽で褒められた、このような小さなきっかけが子どもの自信につながっていきます。

早期に得意なことを見つけてあげて、それをベースとしてコミュニケーションをとることが重要です。

そして、家族全員で夕食を囲みながら、子どもの学校での出来事を楽しく話し合うことで、効果的なコミュニケーションが自然に身につき、親子の信頼関係にも影響します。

何より、親子の信頼関係は、思春期を迎えたり、反抗期を迎えた際にも影響します。

社会性は家庭での何気ない一コマが、非常に重要だと考えられます。

得意なことや新たにできるようになったことにきちんとフォーカスして話題にすることで、子どもの「できた」が増え、自信につながっていきます。

自分ができることを認識していくことで自信を持てるようになっていきます。

そして、それは積極性のカギになります。

自信を持ち、積極性を持てれば、いろいろなことにチャレンジできるようになっていきます。

社会での学習は実践学習

学校だったり、地域のコミュニティだったり、社会に出ると、国・学校の教育方針の影響や、他人との関わり合いが必ずあります。

日本の教育では、特に協調性が養われ、先生に教わるという特徴があります。

年齢が上がるにつれ他人との比較もされます。

他者より優れている部分を認識していれば自信につながり、積極性にもつながります。

そして基礎的な理解力や表現力がついていれば、協調性だけでなく議論できる論理力にもつながります。

自信をもって挑戦できれば、自ら学んでいくことで、さらなる社会性を獲得できるようになります。

もちろん、すべてが成功できるわけではありません。

失敗したときに安心できる場所で休むことも重要だと思います。

そして再び自信をもって社会に出ていくことで、人は成長していくと思います。

家庭で自信・コミュニケーション能力・知識を得るには

具体的に一人でできたことをほめる

自信を育てるためには、子どもを褒めることが重要です。

ただし、褒め方には工夫が必要です。

具体的な行動や努力を褒めることで、子どもが自分の努力を認識し、次の挑戦に向けて自信を持てるようになります。

例えば、「テストで良い点を取って偉いね!」ではなく、「毎日自分で頑張って勉強した成果が出たね!その努力が素晴らしいよ!」といった形で、自ら行動した結果努力や過程を評価することが大切です。

間違っても「言うこと聞いて偉いね!」は言ってはダメです。

指示待ち人間になり、社会性が低くなっていきますので注意が必要です。

子どもに言うことを聞かせるのではなく、自分で正しい結果にたどり着かせることが非常に重要です。

やはり子は親の背中を見て育つ

親とのコミュニケーションは、子どもの成長に欠かせない要素です。

親子の対話を通じて、子どもは自分の考えや感情を表現する方法を学びます。

例えば、毎日の家族の食事の時間を活用して、子どもの一日の出来事や感じたことを聞くことで、自然なコミュニケーションの場を作ります。

これにより、子どもは自分の考えを言葉にする力が育ち、自信を持ってコミュニケーションを取れるようになります。

子どもは親の背中をよく見ています。

子どもの言動が、たまに自分が言っていることを言ったりしていませんか?

子供は無意識的に親をよく見ています。

一番近くにいる大人がお手本を見せてあげましょう!

知識は基礎は確実に、興味はどんどん広げましょう

最近の教育動向として、STEAM教育やプログラミングが注目されています。

これらは、単なる知識の習得だけでなく、創造力や論理的思考を育てるために重要です。

一方で、すべてのベースとなる国語力、計算力、そして英語の基礎学力を上げることも非常に重要です。

国語力は、物事を読み取ったり相手の話を理解したりする理解力や想像力、相手にうまく伝える表現力などで、すべてのベースになります。

計算力は、論理力につながり、プログラミングにもつながりますし、生きていくうえで避けては通れないお金につながる力です。

英語力は、グローバル化する日本において、重要でありながら言語習得自体は時間がかかるため、早くから徐々に進めるべき内容になります。

家庭でこれらの教育を取り入れることで、子どもは学校の勉強だけでなく、実社会で役立つスキルを身につけることができます。

そして重要なポイントですが、算数の足し算を誰よりも早くできるように学ばせたり、漢字博士になるように仕向けたり、何かできることを早期にやってあげてください。

学校に行くようになると、比較されるということがどこかで必ず発生します。

その時に、他人より少しでも秀でた部分があると、自分に自信をもって生活できます。

すべて完璧である必要はありません。

むしろ、1つ2つ負けているものがあって、それを打開するほうが子供にとっては良い環境になります。

まとめ|3つの関係性とポイントを意識しよう

社会性とは、他者と円滑に関わり、適切にコミュニケーションを取り、協力して生活する能力です。

社会性がある人は他者との関係を築き、共感や思いやりを持って助け合うことができます。

これは自立した人間として生きていくために不可欠です。

以下に要点をまとめます。

  • 家庭の環境:
    • 家庭内での信頼感や心理的安全性が子どもの社会性の基盤となります。
    • 自分に自信を持ち、安心して暮らせる環境が重要です。
  • 個の認識:
    • 自分の得意なことを見つけることで自己肯定感が高まり、自信を持って他者と関われるようになります。
    • 親が子どもの個性や得意分野を認識し、それを褒めることで子どもの自信を育てます。
  • 社会での学習:
    • 学校や地域のコミュニティでの学びは、実践的な社会性の育成に役立ちます。
    • 他者との関わりを通じて協調性や論理力を養います。

そして、家庭でやるべきことは、以下の通りです。

  • 自信を育てるための褒め方:
    • 努力や行動を具体的に褒めることで、子どもが自分の努力を認識し、自信を持てるようになります。
  • 親とのコミュニケーション:
    • 日々の何気ない会話が社会性の基盤となります。
    • 親が積極的にコミュニケーションをとることで、子どもは表現力を身につけ、自信を持って意見を述べるようになります。
  • 知識の基礎と興味の広げ方:
    • STEAM教育やプログラミングなど、創造力や論理的思考を育てる学習を取り入れることが重要です。
    • 国語力、計算力、英語力の基礎学力を高めることで、社会で役立つスキルを身につけます。

家庭での働きかけが子どもの社会性の成長に大きく寄与します。

親が子どもの得意なことを見つけて自信を育て、積極的にコミュニケーションをとることで、子どもは自立した人間として成長していきますので、この記事が少しでも子育てのヒントになれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次