自己認識の発達:子どもが自分自身を知るために必要なこととは?

当ページのリンクには広告が含まれています。

子どもが自分自身を認識することは、心の成長にとって重要なプロセスです。自己認識とは、自分の存在や特徴、感情や思考、能力や欠点などを理解することです。自己認識が高まると、自信や自尊感情が育ち、他者との関係や社会的適応にも影響します。では、子どもはいつから自分自身を認識し始めるのでしょうか?また、親や教師はどのようにして子どもの自己認識を支援することができるのでしょうか?本記事では、子どもの自己認識の発達について、心理学的な見地から解説します。

目次

必要なのは信じてあげること

子どもの自己認識は、生後数ヶ月から始まり、幼児期から青年期にかけて段階的に発達します。最初は身体的な特徴や行動を認識し、次に感情や思考を認識し、さらに能力や価値観を認識するようになります。子どもの自己認識を支援するためには、親や教師が子どもの気持ちや考えを受け入れて共感し、子どもの興味や好みを尊重し、子どもの能力や個性を肯定的に評価し、子どもに適切な挑戦やフィードバックを与えることが大切です。

自分を知ることで心が育つ

子どもの自己認識の発達段階

心理学者のジェームズ・マーク・ボールドウィンは、子どもの自己認識の発達を三つの段階に分けました。

第一段階:客観的自我(生後6ヶ月~1歳半)

この段階では、子どもは自分と他者との区別ができません。鏡に映った自分の姿を他人だと思ったり、人形やおもちゃと同じように扱ったりします。しかし、次第に身体的な動作や感覚的な刺激に反応するようになります。例えば、手足を動かしたり、声を出したりすることで、自分が存在することや影響力を持つことを気づき始めます。

第二段階:主観的自我(1歳半~3歳)

この段階では、子どもは自分と他者との区別ができるようになります。鏡像テストという実験では、子どもの鼻に口紅をつけて鏡で見せると、2歳前後から鼻を触って口紅を拭こうとすることがわかっています。これは、子どもが鏡に映った自分の姿を自分だと認識できるようになったことを示しています。また、この段階では、子どもは自分の感情や思考を認識するようになります。例えば、「嬉しい」「怖い」「お腹がすいた」などの気持ちを言葉で表現したり、「なぜ?」という疑問を投げかけたりします。しかし、この段階では、子どもは自分の感情や思考が他者と異なることに気づきません。自分の気持ちや考えが正しいと思い込み、他者にも同じように感じてほしいと思います。そのため、イヤイヤ期[^3^][3]と呼ばれる反抗的な態度を示すことがあります。

第三段階:メタ的自我(3歳~青年期)

この段階では、子どもは自分の感情や思考が他者と異なることに気づきます。例えば、「私はピアノが好きだけど、あの子は嫌いだ」というように、自分の好みや価値観を他者と比較したり、「私は何ができるのだろう」というように、自分の能力や特徴を評価したりします。また、この段階では、子どもは自分の感情や思考を制御することもできるようになります。例えば、「怒りたくないから深呼吸する」というように、自分の感情をコントロールしたり、「間違えたから直す」というように、自分の思考を修正したりします。この段階では、子どもは自己概念[^4^][4]という自分の全体像を形成します。自己概念は、現実的な自己(実際にできることや持っているもの)、理想的な自己(できればなりたいことや持ちたいもの)、社会的な自己(他者から見られていることや期待されていること)から構成されます。青年期に入ると、子どもはこれらの自己概念を統合して、一貫性のあるアイデンティティ(自分らしさ)を確立しようとします。

子どもの自己認識を支援する方法

子どもの自己認識は、親や教師などの大人からの影響を受けます。大人が子どもに対してどのように接するかによって、子どもは自分の価値や能力を認識し、自信や自尊感情を育みます。以下に、子どもの自己認識を支援するための具体的な方法を紹介します。

子どもの気持ちや考えを受け入れて共感する

子どもが感情や思考を表現したときには、否定せずに受け入れて共感してあげましょう。「そうだね」「わかるよ」という言葉で応えたり、「嬉しかったんだね」「怖かったんだね」という言葉で気持ちを言い当てたりすることで、子どもは自分の感情や思考が正当化されることを感じます。これは、子どもが自己認識を高める上で重要なプロセスです。また、子どもの感情や思考を言葉で表現することで、子どもは自分の内面を整理し、自己理解を深めることができます。

子どもの興味や好みを尊重する

子どもが何に興味を持っているか、何が好きか、何が嫌いかを観察して、その気持ちを尊重してあげましょう。「それは面白そうだね」「それは好きなんだね」という言葉で応援したり、「それは嫌なんだね」「それは苦手なんだね」という言葉で慰めたりすることで、子どもは自分の好みや価値観が認められることを感じます。これは、子どもが自己肯定感を高める上で重要です。また、子どもの興味や好みに合わせて、適切な教材や活動を提供することで、子どもは自分の能力や特徴を発見し、自己効力感を高めることができます。

子どもの能力や個性を肯定的に評価する

子どもが何かに挑戦したり、成果を出したりしたときには、具体的にその内容や努力をほめてあげましょう。「すごいね」「よくできたね」という言葉だけではなく、「この色の組み合わせが素敵だね」「この問題は難しかったのに、よく解けたね」という言葉で評価したり、「どうやって作ったの?」「どうやって考えたの?」という言葉で興味を示したりすることで、子どもは自分の能力や個性が認知されることを感じます。これは、子どもが自尊感情を高める上で有効です。また、子どもの能力や個性に応じて、適度な期待や要求をかけることで、子どもは自分の可能性や目標を認識し、自己実現に向けて努力することができます。

子どもに適切な挑戦やフィードバックを与える

子どもが新しいことに挑戦したり、失敗したりしたときには、過度に保護したり批判したりせずに、適切な挑戦やフィードバックを与えてあげましょう。「大丈夫だよ」「頑張れよ」という言葉で励ましたり、「次はどうすればいいと思う?」「何が原因だったと思う?」という言葉で問いかけたりすることで、子どもは自分の行動や結果に責任を持つことを学びます。これは、子どもが自己効果観を形成する上で必要です。また、子どもの挑戦や失敗に対して、適度な賞賛や批判を与えることで、子どもは自分の行動や結果に対する評価基準を獲得し、自己評価を行うことができます。

まとめ

子どもの自己認識は、生後数ヶ月から始まり、幼児期から青年期にかけて段階的に発達します。子どもの自己認識を支援するためには、親や教師が子どもの気持ちや考えを受け入れて共感し、子どもの興味や好みを尊重し、子どもの能力や個性を肯定的に評価し、子どもに適切な挑戦やフィードバックを与えることが大切です。これらの方法によって、子どもは自分の存在や特徴、感情や思考、能力や欠点などを理解し、自信や自尊感情を育み、他者との関係や社会的適応にも貢献します。子どもが自分自身を知ることは、心の成長にとって重要なプロセスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次