子供の動画問題を解決する6つの行動とは?

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。

現代の子育てにおいて、子供たちが動画を見すぎてしまうことは、多くの親が悩んでいる問題の一つです。テレビやスマートフォンなど、様々なメディアが身近になったことで、子供たちは簡単に動画を見ることができ、それに夢中になってしまうことがあります。しかし、過剰な動画の視聴は、子供たちの発達に悪影響を与えることが知られています。iPhoneを作ったアップルのスティーブ・ジョブズ氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏も子育てはローテク主義であったことが知られています。

今回は子供が動画を見すぎてしまう悩みを持つ親が主体的に進める必要があります。自分ができないのに子供ができるわけがありません。

親が見ていると、何で子供は見ちゃいけないのってなります。子供は親がスマホばかり見ていて、顔を見て話してくれないと、悲しくなります。そして、その状況が続くと、自己肯定感が下がってしまいます。子供が起きている時間は、少なくともその時間を短くするようにして、子供たちがスムーズに寝むれるようにしてあげてくださいね。

裏ワザとして、重要なポイントです。
常に子供の写真を見せられるようにしておいてください。そして子供に聞かれたら、写真を見せて、どれがいいか選んでいたんだよ、と伝えます。あくまで一時的ですが、写真を見ている=自分を見ている、というように印象が与えられれば、成功です。

目次

1. 親自身が制限を設ける

まず、子供が動画を見すぎてしまうのは、親が制限を設けなかったためというケースが多いです。親自身が「この時間までしか見ない」というルールを設けることで、子供たちもそれに従うことができます。また、親が自分自身がスマホやタブレットなどのデバイスを手放す時間を作ることで、子供たちに良い影響を与えることができます。

2. 一緒に見て楽しむ

子供たちが動画に夢中になる理由は、面白いからです。そこで、親が子供たちと一緒に動画を見て、楽しむ時間を作ることが大切です。子供たちは、親が自分たちと一緒に楽しんでいる姿を見ることで、安心感を得ることができます。また、子供たちが見たいと思う動画を共有することで、コミュニケーションが生まれます。

3. アウトドアでの遊びを促す

子供たちが動画に夢中になってしまう理由の一つは、屋内で過ごす時間が多いからです。そこで、親が子供たちを外に連れ出して、アウトドアでの遊びを促すことが大切です。自然を感じたり、体を動かしたりすることで、子供たちは健康的な生活習慣を身につけることができます。

4. 動画の選定に注意する

子供たちが見る動画には、様々な種類があります。その中には、子供たちに悪影響を与えるようなものも存在します。そこで、親が動画の選定に注意することが大切です。例えば、暴力的な内容や不適切な表現が含まれている動画は避けるようにしましょう。

5. 規則正しい生活リズムを作る

子供たちが動画に夢中になり、寝る時間が遅くなってしまうこともあります。そこで、親が子供たちに対して、規則正しい生活リズムを作ることが大切です。例えば、毎晩決まった時間に寝るようにする、朝食をしっかり食べるようにするなど、ルーティンを作っておくことが大切です。

6. 子供たちとコミュニケーションをとる

子供たちが動画に夢中になっているときは、コミュニケーションをとることが難しくなることがあります。そこで、親が子供たちとコミュニケーションをとることが大切です。例えば、子供たちが見ている動画について話を聞いたり、一緒に楽しんだりすることができます。

まとめ

子供が動画を見すぎてしまう際に、すぐに効果が出る施策を紹介しました。親自身が制限を設けたり、一緒に楽しんだり、アウトドアで遊ぶ時間を作ったり、動画の選定に注意したり、規則正しい生活リズムを作ったり、子供たちとコミュニケーションをとったりすることで、子供たちの健康的な生活習慣を身につけることができます。これらの施策を実践して、子供たちが健やかに育っていることを実感しています。

子供たちが動画を見すぎてしまうことは、現代の子育てにおいて悩みの一つです。しかし、親が子供たちと向き合い、親子で楽しむことができる適度な動画を選んだり、アウトドアで遊んだり、規則正しい生活リズムを作ったりすることで、子供たちは健康的な生活習慣を身につけることができます。

親自身も、ストレスをためずに子育てを楽しむことができ、子供たちと一緒に楽しむ時間が増えることで、親子の絆を深めることができます。また、子供たちが健やかに育つことで、親自身も安心して暮らすことができます。

以上の施策を実践することで、子供たちが動画に夢中になりすぎることを防ぎ、健康的な生活習慣を身につけることができます。親自身も、子育てを楽しみながら、子供たちを健やかに育てることができるでしょう。

もし、何見てるのと子供が思ったときは、写真を見せてあげてください。そして、子供と話すときはきちんと顔を見てあげてください。

あわせて読みたい
スマホ使用時間と学力の因果関係─ 健全な成長と学習環境の構築を 東北大学加齢医学研究所が行った調査結果によれば、1日3時間以上スマホを使用する子どもは偏差値50にも届かないという衝撃的な結果が示されました。さらに、スマホの使...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次