【徹底解説】DEIそしてDEIBとは何か|子どもから大人、グループやチーム、そして企業まで

DEIやDEIBという言葉を聞いたことはありますか?

この記事では、企業のチームだけでなく、学校のグループ活動でも重要な、DEIBとは何かを分かりやすいように、D・E・I・Bを別々に解説していきます。

この記事でわかること

  • DEIBって何?
  • DEIBが分かるとこんなことに気を付けられる
  • DEIBを理解することで得られるメリット

家族のコミュニケーションにも応用できるので、是非最後までお付き合いください。

目次

DEIとは?DEIBとは?どんな取り組み?

DEIとは?DEIBとは?

DEI(ディーイーアイ)とは、ダイバーシティ(Diversity:多様性:たようせい)、エクイティ(Equity:公平性:こうへいせい)、インクルージョン(Inclusion:包括性:ほうかつせい)の頭文字をとった言葉です。

DEIB(ディーイーアイビー)とは、DEIにビロンギング(Belonging:帰属意識:きぞくいしき)が加わったものです。これらの言葉は、人々の違いを認めて尊重し、公平に扱い、仲間に入れて、居心地の良い場所を作ろうという考え方を表しています。

みんなは、自分と違う人と一緒に遊んだり勉強したりすることがありますよね。

例えば、大人と子ども、男の子と女の子、日本人と外国人、眼鏡をかけている人とかけていない人、サッカーが好きな人とピアノが好きな人などです。人にはそれぞれに違うところがたくさんありますが、それが悪いことではありません。むしろ、違うところがあるからこそ、お互いに教え合ったり助け合ったりできるのです。

でも、違うところがあるからといって、その人を仲間はずれにしたり、嫌なことを言ったり、不公平に扱ったりするのはよくありません。もし自分がされたら反発してしまうかもしれません。そうなると、お互いに気持ちが傷いたり、自信がなくなったりしまうのです。みんなが仲良く楽しく過ごすためには、みんなが大切であることを知ることで、どんな人でも大切にすることができます。

そこで、「DEI(ディーイーアイ)」という考え方が生まれました。人の違いを認めて尊重することを「ダイバーシティ」といい、みんなに公平にチャンスを与えることを「エクイティ」といい、みんなを仲間に入れて一緒にやることを「インクルージョン」といいます。この3つのことを大事にすると、みんなが自分らしくいられる場所になります。

最近では、DEIに「ビロンギング」という言葉も加わっています。これは、自分がチームやグループの中にいると感じることを意味しています。

例えば、家族や友だちやクラスメートなどです。自分が属していると感じると、安心したり幸せになったりしますよね。それと同じように、会社や学校や地域などでも、自分が仲間の一員だと感じられるようにすることが大切です。

「DEIB(ディーイーアイビー)」は、みんなが幸せになるための大切な考え方です。みんなも、自分と違う人と出会ったときには、DEIBを思い出してみてください。きっと、新しい発見や楽しみが待っていますよ。

それではそれぞれのことをもっと深掘りしていきたいと思います。

ダイバーシティ(Diversity):多様性とは

ダイバーシティとは、人の違いを認めて尊重し、その違いを活かすことです。海外の人との違いだけでなく、性別だったり、年齢だったり、考え方だったり、違うということを認めて尊重することが重要です。

ダイバーシティが必要なわけ

ダイバーシティは、以下のようなメリットがあります。

  • 仲間や友だちが増える
  • 新しいことを学んだり、面白いことを発見したりできる
  • 自分の好きなことや得意なことをやれる
  • みんなが幸せになる

ダイバーシティが必要とされる理由は、以下のようなことがあるからです。

  • 世界には、いろいろな国や文化や言葉がある
  • 人には、それぞれに違うところや好きなことがある
  • 時代や社会が変わっていく
  • みんなが平等に扱われるべき

インターネットを通してみんなと繋がれる時代で、自分と異なる人と一緒に活動していくためには、ダイバーシティを大事にしなければなりません。

ダイバーシティって結局どんなこと?

ダイバーシティとはどんな状態を言うのか、具体例やデータを紹介します。

仲間や友だちが増える

自分と違う人と仲良くなることは、ダイバーシティを大事にすることにつながります。外国人の友だちを作りたいと思っても、相手の考え方が分からずに不安になることがあります。でも、その国の文化や歴史を調べてみると、驚いたり感動したりすることがたくさんあります。そして、その国の人と話す機会があれば、興味を持って聞いてみると、言葉や食べ物などを教えてくれるかもしれません。逆に、自分の国のことも教えてあげることができます。こうして、お互いに学び合い、尊重し合うことができます。

日本にはすでに300万人以上の外国人が住んでいます(出入国在留管理庁)。その中には、留学生や働いている人や家族と暮らしている人などがいます。日本に来た外国人の中には、日本のことを学びたいと思っている方も多くいるはずです。日本人も、外国人と友だちになって、いろいろなことを教えてあげたり、教えてもらったりしましょう。

新しいことを学んだり、面白いことを発見したりできる

ダイバーシティを大事にすると、自分と違う人の考え方や感じ方を知ることができます。例えば、女の子と男の子では、同じものを見ても違うことを感じたり、違うことを考えたりすることがあります。また、年上の人や年下の人とも、違うことを知っていたり、違うことを経験していたりすることがあります。そうすると、自分には思いつかなかったり、気づかなかったりしたことを学んだり、面白いことを発見したりできます。

日本には約1億2000万人の人が住んでいます(総務省総計局)。その中には、0歳から100歳以上までの人がいます。また、半分が女性で、半分が男性です。年齢や性別によって、人は違うことを感じたり、考えたりします。自分と違う人と話してみると、新しいことを学んだり、面白いことを発見したりできます。

自分の好きなことや得意なことに力を注げる

ダイバーシティを大事にすると、自分の好きなことや得意なことをやれます。例えば、サッカーが好きな人は、サッカーをやりたいと思います。また、ピアノが得意な人は、ピアノを弾きたいと思います。自分の好きなことや得意なことをやると、自信がついたり、楽しくなったりします。また、他の人にも自分の好きなことや得意なことを見せてあげることができます。そうすると、他の人も自分の好きなことや得意なことを見せてくれたり、一緒にやってくれたりします。

世界中には、いろいろな趣味や特技を持っている人がいます。日本の統計によると(総務省統計局)、例えば、約2000万人がスポーツをやっている人で、その中にはサッカーや野球やテニスなどの種類があります。また、約1000万人が音楽をやっている人で、その中にはピアノやギターや歌などの種類があります。人には、それぞれに好きなことや得意なことがあります。自分の好きなことや得意なことをやって、自分らしくいましょう。

みんなが幸せになる

ダイバーシティを大事にすると、みんなが幸せになります。例えば、自分と違う人を尊重したり、助けたりすると、その人は嬉しくなったり、感謝したりします。また、自分も尊重されたり、助けられたりすると、嬉しくなったり、感謝したりします。そうすると、お互いに仲良くなったり、信頼し合ったりできます。仲良くなると、一緒に遊んだり、勉強したり、働いたりすることが楽しくなります。楽しくなると、幸せになります。

データによると、日本の人の幸せ度は、世界で47番目です(World Happiness Report)。幸せ度は、人の健康や教育や所得などによって決まりますが、人の関係や環境も大きく影響します。人の関係や環境は、ダイバーシティによって良くなることができます。ダイバーシティを大事にすると、人の関係や環境が良くなり、幸せ度が上がります。

ダイバーシティのまとめ

ダイバーシティとは、人の違いを認めて尊重し、その違いを活かすことです。ダイバーシティは、仲間や友だちが増えたり、新しいことを学んだり、面白いことを発見したり、自分の好きなことや得意なことをやれたり、みんなが幸せになったりするメリットをもたらします。ダイバーシティは、みんなが幸せになるための大切な考え方です。みんなも、自分と違う人と出会ったときには、ダイバーシティを思い出してみてください。きっと、新しい発見や楽しみが待っていますよ。

エクイティ(Equity):公平性とは

エクイティとは、みんなに公平にチャンスを与えることです。人によって違う状況ややりたいことに合わせて、適切なサポートや機会を与えることで、みんなが自分の力を発揮できるようにすることです。

エクイティが必要なわけ

エクイティには、以下のようなメリットがあります。

  • 自分とみんな、個性を生かして誰でも活躍できる
  • みんなが活躍できるとチームも活躍できる

エクイティが必要とされる理由は、以下のようなことがあるからです。

  • 人には、それぞれに得意なことと不得意なことがある
  • 同じことを体験していても、人それぞれ違う状況になる

公平だと、人や物事に対して、偏りや不正がなくなり、自分の努力が認められるようになります。エクイティを意識することで、チームとしても活躍できるようになるはずです。

エクイティって結局どんなこと?

エクイティとはどんな状態を言うのか、具体例やデータを紹介します。

自分の能力や努力に応じて認めてもらえる

エクイティが進むと、女性と男性、障害者と健常者、日本人と外国人、など、いろいろな方が仕事や学校で活躍できる機会を得られます。これは、公平な採用や評価の制度があると、人々の能力や実績が正しく認められるからです。

例えば、男女の社会への参画について(神奈川県調べ)、日本では女性の労働力率が約50%で、男性の約70%に及ばないのに対し、スウェーデンでは女性の労働力率が約80%で、男性とほぼ同じです。これは、スウェーデンでは女性に対する公平な支援や制度が充実しているからです。女性が仕事で活躍できると、家計や経済にも良い影響があります。サポートを充実させて、全員が活躍できるよう社会全体が対応していることが伺えます。

文化や知識の交流から新しいアイデアの創出ができる

エクイティが進むと、人々は自分と違う人たちの価値や特徴を認めて、尊重し合うことができます。例えば、外国人や異なる文化や宗教の人たちが、日本人と同じように、社会やコミュニティに参加できます。これは、公平な教育や啓発の活動があると、人々の偏見や差別が減って、多様性や共生の意識が高まるからです。エクイティがあれば、多様な人材が活躍できる環境が生まれ、文化や知識の交流から新しいアイデアの創出ができるようになります。

文化や知識の交流から新しいアイデアの創出ができる理由は、以下のようなものが挙げられます。

  • 文化や知識の交流は、異なる視点や経験を持つ人たちが互いに学び合い、刺激を受けることができます。これにより、既存の枠組みにとらわれない創造的な思考や発想が生まれやすくなります。
  • 文化や知識の交流は、多様なニーズや課題に対応できるソリューションを考え出すことができます。これにより、市場や顧客のニーズに応える革新的な製品やサービスを開発することができます。
  • 文化や知識の交流は、チームワークやコラボレーションを促進することができます。これにより、互いに信頼し、協力し、効率的に仕事を進めることができます。

エクイティのまとめ

エクイティとは、個人の特性や状況に応じて公正に支援することです。エクイティがあれば、多様な人材が活躍できる環境が作られます。文化や知識の交流は、創造性や革新性、協働性を高め、新しいアイデアを生み出すことができます。エクイティは、チームやグループの競争力や成長力を向上させる重要な要素です。

インクルージョン(Inclusion:包括性)とは

インクルージョンとは、多様な人たちが協力して、いろいろな問題を解決したり、いろいろなアイデアを生み出したりすることができます。インクルージョンは、みんなが幸せになれる社会を作るために必要なことです。

インクルージョンが必要なわけ

エクイティには、以下のようなメリットがあります。

  • 自分がみんな自分らしくいられる
  • みんなと仲良く活動できる
  • みんなが楽しくいられる

インクルージョンが必要とされる理由は、以下のようなことがあるからです。

  • 人は幸せになりたいと考えている
  • 自分が貢献することでよい社会を作りたい

インクルージョンは、自分も他人も大切にすることで、みんなのためになることです。インクルージョンについて、もっと考えてみましょう。

インクルージョンって結局どんなこと?

インクルージョンについて、具体例やデータを紹介します。

チームやグループの満足度と生産性が高くなる

インクルージョンが進んだチームやグループは、個人も集団も成長できる状態になります。インクルージョンは、企業の競争力や成長力を高める重要な要素です。

経済産業省の調査によると、インクルージョンを推進する企業は、従業員の満足度や生産性が高くなることが分かっています(経済産業省資料)。これは、インクルージョンが従業員のモチベーションやエンゲージメントを高めることによる効果です。インクルージョンがあれば、従業員は仕事に対する意欲や責任感が強くなり、仕事の質や量が向上します。このように、インクルージョンは、従業員も企業もパフォーマンスを高めることを示しています。

自分の個性が発揮でき、満足感が得られる

自分の個性や能力を認められ、尊重されることで、自信や満足感を感じることができます。これにより、仕事のモチベーションやエンゲージメントが高まり、パフォーマンスや生産性が向上する可能性があります(インクルージョン風土と従業員の創造性)。

すなわち、生産性が高くなるということは個人個人のパフォーマンスが上がり、自分の成長や幸福、仕事の質や量において、ポジティブな影響を受けることができます。インクルージョンは、個人も集団も社会も良くすることができる考え方です。

インクルージョンのまとめ

インクルージョンのメリットは、自分らしくいられること、仲良くできること、楽しくできることです。インクルージョンがあれば、自分の個性や能力を認められ、尊重されることで、自信や満足感を感じることができます。また、異なる視点や経験を持つ人たちとコミュニケーションをとり、学び合い、刺激を受け合うことで、創造的な思考や発想を生み出すことができます。

ビロンギング(Belonging:帰属意識)

ビロンギングとは、自分の個性や能力を認められ、尊重されることで、グループやチームに関わる心地よさを感じることです。ビロンギングは、ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)が推進された先にある概念です。

ビロンギングが必要なわけ

人間は社会的な動物であり、他者とのつながりや所属感を求めるからです。ビロンギングがなければ、人は孤独や不安を感じたり、自己肯定感や自尊心が低下したりする可能性があります。これは、仕事や生活に悪影響を及ぼすことがあります。そして最も基本的な所属意識は、家庭にあると言えます。逆に家庭が幸せで安全な場所となりえない場合、様々なことに巻き込まれて不幸になってしまうかもしれません。

ビロンギングのメリットは、自分らしくいられること、仲良くできること、楽しくできることです。ビロンギングがあれば、自分の個性や能力を認められ、尊重されることで、自信や満足感を感じることができます。また、異なる視点や経験を持つ人たちとコミュニケーションをとり、学び合い、刺激を受け合うことで、創造的な思考や発想を生み出すことができます。

ビロンギングのまとめ

所属意識も持てる場所にいることは、非常に安心でき、自分を表現でき、帰ってこれる場所になります。そのような場所は一人では作れません。周りのみんなとお互いに作っていくことで、貴重で大切な場所が生まれるはずです。それを忘れないようにしましょう。

DEIやDEIBの実際:進める難しさ

DEIBは、個人も集団も社会も良くすることができる考え方ですが、実践するにはさまざまな難しい点があります。DEIBの難しい点について企業での話をベースに説明します。

  • DEIBは、従来の価値観や慣習に挑戦することを意味します。多様な人材を受け入れることは、組織の文化や制度を変えることを要求します。しかし、組織の変革は、抵抗や反発を招くことがあります。組織のリーダーやマネジャーは、DEIBの重要性やメリットを経営層や従業員に伝え、コミットメントや理解を得ることが難しいことがあります。
  • DEIBは、個人の意識や行動を変えることを意味します。多様な人材を受け入れることは、自分の無意識の偏見や先入観に気づき、それを克服することを要求します。しかし、自分の偏見に気づくことや、それを改めることは、容易ではありません。個人のレベルで、DEIBに関する研修や対話を行うことが難しいことがあります。
  • DEIBは、組織のパフォーマンスや成果を測ることを意味します。多様な人材を受け入れることは、その効果や影響を評価することを要求します。しかし、DEIBの効果や影響を測ることは、簡単ではありません。組織のレベルで、DEIBに関する目標や指標を設定し、データを収集し、分析することが難しいことがあります。

以上のように、DEIBの難しい点という質問には、組織の変革や個人の変容、組織の評価という3つの観点から、DEIBを実践するにはさまざまな課題や困難があるという答えがあります。DEIBは、簡単にできることではありませんが、それだけに価値があることでもあります。

DEIBとはについてのまとめ

DEIBとは、ダイバーシティ(多様性)、エクイティ(公平性)、インクルージョン(包括性)、ビロンギング(帰属意識)の頭文字をとった言葉で、企業や組織が多様な人材を受け入れ、その能力を最大限に活かすことを目指す考え方です。DEIBは、個人も集団も社会も良くすることができる素晴らしい考え方ですが、一番基礎となる家庭でも理解し、未来のために実践していきましょう。

大人の知識教室

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次