【基礎の英単語】よく使う英単語を4週間でマスターする!|基礎的な英単語を丸覚え!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
グローバル教育

まず英語を話すのに、単語の意味を知っている必要がありますが、事実として単語だけ知っていても、使えないということは多くの方が体感していると思います。

それは、英単語が外に出せる状態で頭にないことを意味します。

英語は分かるけど話せないという方の一番の悩みは、結構日本語をそのまま訳そうとしてしまっている方が多いです。

私も以前はそうでした。

ある程度文法と単語を勉強し、英語のニュースなども見るようになって、TOEICの対策をして700点を超えるくらいの点数を取れるくらいになったのですが、英会話となると、話し出しても、単語を思い出すのに時間がかかって、よくわからない順序で英語を話してしまい、まったく通じなかったりしました。

この記事では、子どもから大人まで、英語がわかるけど話せない人が、改めて初級者として知るべき単語を用いて会話する際に必要な英単語を覚えるときにやるべきことを紹介します。

あなたも私と一緒に、英単語を覚え、英語で自信を持って会話できるようになりましょう!

この記事でわかること
  • 英単語が身につかない本当の理由
  • 何をすれば英単語を覚えられる?
  • 具体的にはどうしたらいいの?

この記事を読み終わった後、英単語が少し覚えたくなっていると嬉しいです。

目次

英単語が身につかない本当の理由とは!?

結論から言えば、「結局使わないでしょ!」と無意識に思ってしまっていることだと言えます。

そう思ってしまうのは以下の理由が考えらえます。

一回覚えたつもりになって、しばらくすると忘れて使わない

覚えようと単語帳を開いたものの、英単語そして日本語の意味を行ったり来たり。覚えたと思って、次の日単語帳を開いてみると、いや覚えてないなー、ということがしばしば。

使う以前に、覚えられていないということがまずあります。

単語はわかるけども・・・

何度か繰り返し覚えようとしていると、英単語を見て、パッと日本語が言えるようになった、という状態になります。

英語から日本語は覚えたのかもしれませんが、果たして逆が可能か、そして話そうとしたときに出てきますか?

出てこないことがしばしばだと思います。

いっぱい覚えようとしすぎて、簡単なものまで使えない

英単語長などを見ると、初めから難しい単語が並んでいたり、実際使わなそうな単語が並んでいることがありますが、どれを覚えるべきかがわからないので、難しい単語も覚えようとしてしまい、結果大部分が使わない単語になってしまい、忘れてしまう、ということが多発します。

そうなると、大部分は使わない、という意識が生まれてしまい、時間が無駄になってしまいます。

何をすれば英単語を覚えられるのか?

英単語を単体でいくら勉強しても、会話で使える状態にはなりません。

英会話として習得する場合、どうしたらいいでしょうか?

英語は型に英単語を当てはめる!?

英語を勉強するときに文型を学ぶことがあると思います。

文型に捕らわれすぎなくてよいのですが、特に動詞を勉強するときには、その動詞に適した型で使うことが必要です。

決まった型を覚えて、パーツを入れ替えることで、話せることが増えていきます。

では、型が何によって決まるかというと、動詞が非常に重要になります。

基本は主語と動詞、そして動詞によって決まる構造が分かれば文が作れます。

そして、それを接続する言葉でつないでいけば、話ができてきます。

英単語は簡単で良いので文で覚えるべき

英単語を覚えると聞くと、単語を覚えればいいという先入観が生まれるかもしれません。
使えるように覚えるには、実際に使えるように覚えなければ使えません。あたりまえなのですが中々認識できないと思います。

使えるようにとは、少しでも自分に関係するような例文で覚えていく必要があります。

使える状態に行くには効率のいい反復が必要

会話で使えるレベルで英単語を理解するというのはどういう状態でしょうか。

使える状態とは、イメージした内容が口からスムーズに出てくる状態、です。

もちろん、すべての言いたいことがスムーズにすべて表現できるようになるのは、目指すべきところです。
しかし、小さい頃から日本語の環境で育った人たちがネイティブと同等レベルまでになるには、長い年月と努力が必要です。
このため、まずは生活上問題なくコミュニケーションが取れ、その後自主学習でレベルアップできる状態になることを目指してください。

イメージした内容が口からスムーズに出てくる状態とはどのような状態かといえば、イメージした内容に対して、主語と動詞と文の構造とが浮かび付加情報をつけて発声できる状態です。

もちろん、名詞や形容詞など、様々な単語は表現には必要ですが、基本となる文が決まらなければ、幼児が話しているカタコトになってしまいますので、まずは主語と動詞と文の構造が重要です。

その状態になる過程を逆算して考えると以下のようになります。

・イメージした内容が口から英語がスムーズに出てくる
 ↑
・イメージした内容が、具体的な主語・動詞・文の構造に、付加情報を合わせて全体的に発声できる
 ↑
・イメージした内容が、具体的な主語・動詞・文の構造で発声できる
 ↑
・イメージした内容が、決まった主語・動詞・文の構造の組み合わせで発声できる。
 ↑
・イメージした内容が難しく、主語・動詞が出てこない

英単語を覚える手順を具体的に紹介

英単語を効率よく覚えていく順番は下記の順になります。

STEP
主語を明確化する

会話で使う場合、最初に覚えるべき主語は
 ・I (私は)
 ・You (あなたは)
 ・This (こちらは)
 ・It (それは)
だけで十分です。相手と会話する以上、「私は~、あなたは~?」が一番基本的な内容になります。
また、自分や自分の持っているものを説明する際に使用するThis、天気や時間を説明するときに使用するItを覚えておきましょう。

STEP
日常でよく使う主語・動詞・文の構造を言えるようにする

会話で使用する内容を、動詞を軸とした例文で話せるようにします。

1日経過後に、何も見ずに思い出してみて発声できる状態になるまで、一日の中で反復します。

反復が必要な時間は個人差がありますので、1時間くらいずつ置いてみて、思い出せる時間を伸ばしていきましょう。

STEP
付加情報の単語を追加で言えるようにする

覚えた動詞に付加情報を加えて、表現を増やします。

形容詞や形容動詞、時間や場所を示せるようにします。

STEP
つなぎの言葉を言えるようにする

文と文とをつなぐことができれば、長く会話を続けることができます。

STEP
STEP2~4を繰り返していく

少しずつでないと覚えられませんので、少しずつ表現を増やすように広げていきます。

おおおそ4週間の練習を目安に繰り返し反復していきます。

注意するところは。。。

話そうとすると、例えば、単語が分からないことはよくあります。

その場合、すべてをきれいに英語化する必要はありません。わかる範囲で言うことが重要です。

別に人に言う必要もないので、例えば「それつまらないって思う」と考えたとすると、「I think it is つまらない」で大丈夫です。

後で、Google翻訳DeepLを使うのが良いでしょう。

4週間の練習で必要な英単語を覚えてしまう

上記を踏まえて基礎的な動詞を使えるように英単語帳から選んで覚えていきましょう!

英単語帳

英単語帳へのリンクはこちら!

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z
man wearing white top in front of woman wearing blue long sleeved top

グローバル化が進む世界|英語学習に必要なこと

英語が将来必要な理由とは!?

あわせて読みたい
【必須】グローバル教育を家族で取り組む|子どもが国際社会で活躍するために必要なこととは? この記事は、グローバル教育とは何かを分かりやすく解説します。 グローバル化が進む現代社会では、世界の共通認識となりつつあるSDGsやDEIといった考え方が重要になっ...
あわせて読みたい
【必読】将来子どもに絶対必要になる英語力の育て方 【】 グローバル化が進む現代社会において、英語はもはや必須スキルの一つとなりました。 将来、子どもが社会で活躍するためには、高い英語力が必要不可欠です。 観光で...

英語学習にかかる時間は決まっている!?

あわせて読みたい
【必読】英語学習で何度も見直したい3つのポイント|絶対知るべき必要な時間 この記事では、日本人が陥りがちな課題点を踏まえて、必要な時間と学習内容を解説していきます。また、子供と大人の違いについても解説します。 英語が話せるようになり...

具体的に何をすればいいのか!?

あわせて読みたい
【英文法の基礎の基礎】英文法の要点をおさえて基本の英文法を把握しよう 英語は、グローバルなコミュニケーションや国際的なビジネスにおいて重要な役割を果たす言語です。 英語を学ぶことは、世界中の人々とつながり、異文化間での理解を深め...
あわせて読みたい
オンライン英会話をおススメする理由|アウトプットで効率的な学びを 英語を習得するうえで、質の良いアウトプットをすることは必須の条件です。 いくらTOEICで800点をとっていても、会話で言葉が出てこないことは良くあります。 これは圧...

学習を効率化する!

あわせて読みたい
圧倒的に効率よく学ぶ|Active Recall(アクティブリコール)が1番おススメな理由 この記事では、Active Recall(アクティブリコール)が勉強の際に1番おススメである理由について詳しく解説していきます。 試験勉強で何かを覚えたいけど、いつまでた...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次