なぜ?どうして?好奇心の芽をぐんぐん伸ばす質問の魔法|未来を生きる力を育む3つのヒント

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
絵本を読む幼児
目次

なぜ「どうして?」の質問が大切なの?

1歳を過ぎる頃から早い子は言葉を発します。子どもが世界に興味津々で、目覚ましい成長を遂げる時期です。この時期に「どうして?」という質問を習慣化することで、子どもの知的好奇心を刺激し、思考力、問題解決能力、創造性を育むことができます。

この質問は、単に知識を増やすだけではありません

  • 思考力: 答えを探すために、情報を整理し、分析する力
  • 問題解決能力: 困難に直面したとき、解決策を見つけ出す力
  • 創造性: 新しいアイデアを生み出す力
  • コミュニケーション能力: 相手に自分の考えを伝え、理解を得る力

これらの力は、将来、社会で活躍するために必要不可欠なスキルです。

この記事は、1歳~3歳のお子様を持つ親御さんあてに書かれた記事です

この記事では、お子様の成長を促し、将来の可能性を最大限に引き出したい場合にどうしたらいいかを考えていきます。

子どもの「どうして?」を大切にする3つの理由

1. 思考力・問題解決能力を育む

子どもは「どうして?」と問いかけることで、物事を深く考え、自分で答えを見つける力を養います。これは、将来、様々な課題に直面した時に、論理的に考え、解決策を見つけ出すための重要なスキルとなります。

例えば...
・公園で遊んでいる時に、子どもが「どうしてブランコは揺れるの?」と質問してきたら、「どう思う?」と聞きます。何か答えたら、「ブランコに乗ると重さの真ん中が動いて、それが揺れる原因になると思うけど、どう思う?」とさらに聞きます。何か答えたら、「自分で考えるところがすごい!」と考えて話したことを誉めてあげます。

分からないと言ったら...

子どもは素直に分からないというかもしれません。
その時は、無理に答えを引き出さずに説明して、「こう思うけど、どう思う?」と聞いてみましょう。
その場で答えがなくても、子どもの心には、何か答えるのが大事だなという経験が残ります。
すぐに子供は変わりませんので、根気よく続けていきましょう!

2. コミュニケーション能力を高める

「どうして?」という質問は、親子のコミュニケーションを活性化させます。子どもと対話を通して、親は子どもの興味や考えを理解し、より深い関わりを持つことができます。次の行動につなげるということも重要な視点です。

例えば...
・子どもが「どうして空は青い?」と質問してきたら、「空は太陽の光が空気中の粒に反射して青く見えるんだよ」と説明し、一緒に空を見上げてみましょう。
・お風呂で「どうして泡ができるの?」と質問されたら、「石鹸には泡を作る成分が含まれていて、それが水と混ざると泡になるんだよ」と説明しながら、一緒に泡遊びを楽しみましょう。

3. 探求心・創造性を育む

「どうして?」という質問は、子どもが自ら学び、探求する意欲を高めます。答えを探す過程で、子どもは様々なアイデアを思い浮かべ、創造性を発揮することができます。

例えば...
・寝る前に「どうして夜は暗い?」と質問されたら、「地球は太陽の周りを回っていて、夜になると太陽の光が当たらないからだよ、本当かな?」と説明し、一緒に星空観察をしてみましょう。
・絵を描いている時に、「どうして太陽は黄色なの?」と質問されたら、「太陽は燃えているから黄色く見えるんだよ、どう思う?」と説明し、太陽の絵を描いてみましょう。

子どもの「どうして?」を応援しよう!

子どもの「どうして?」という質問は、決して面倒なものではありません。むしろ、子どもの成長にとって非常に重要なものです。親御さんは、子どもの質問を丁寧に受け止め、一緒に答えを探していくことで、子どもの知的好奇心を育み、将来の可能性を大きく広げることができます。

応援メッセージ

子どもの「どうして?」は、未来への扉を開く魔法の言葉です。親御さんの愛情とサポートによって、子どもは無限の可能性を秘めた存在へと成長していくのです。そして、それが小学生以降の自分で勉強する子への礎にもなっていきます。

子供の教育教室

子どもの教育教室

考える力を養うには!?

コミュニケーション力をつけるには!?

目的に応じて

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次