【子どもの国語力の重要性】国語力が必要な3つの課題と国語力を高める3つの手順|子どもの理解力と想像力を育み、親の時間を生み出す方法

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
絵本を読む幼児

この記事では、小学校低学年のお子さんを持つパパママに向けての記事です。

子どもの国語力が成長していない場合に引き起こされる問題を認識するとともに、子どもの理解力と想像力を育みながら、親の時間も確保できる効果的な方法を提案します。

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • 「子どもが語彙力不足で大人の言うことや文章を理解できない」
  • 「学校の勉強がうまくできていない」
  • 「家族や他人とコミュニケーションがうまく取れない」

これらの問題は、子どもの基礎的な国語力の不足が原因であることが多いのです。

この記事では、国語力が不足することで生じる具体的な問題点と、その解決策方法について詳しく探っていきます。

目次

国語力とは語彙力・読解力・表現力

そもそも国語力とは何でしょうか。

国語力とは主に語彙力・読解力・表現力の3つの能力です。

語彙力|言葉をどれだけ知っているか

語彙力は、端的に言うと、言葉の知識や単語の理解力であり、言葉をどれだけ知っているかです。

語彙力が高いと、豊かな言葉を使って自分の考えや感情を表現でき、他人の話を正確に理解することができます。

読解力|内容を理解し、意味を把握する

文章を読んでその内容を理解し、意味を把握する能力です。

読解力が高いと、文章の意図や背景を読み取ることができ、学習や情報収集において重要な役割を果たします。

もちろん、人と対話するときの理解力にも直結します。

文章を理解できるということは、相手が言っていることを理解できることにつながります。

表現力|伝える力

自分の考えや感情を効果的に伝える能力です。

理解して、考え、言いたいことを適切に表現することは、他人と円滑なコミュニケーションに直結します。

これは、自己表現やプレゼンテーションにおいても有利です。

国語力は学習全般の基礎

これらの能力は相互に関連しており、国語力全体を高めるためにはバランスよく育むことが大切です。

例えば、語彙力が高ければ読解力も向上しやすくなり、表現力も豊かになります。読解力が高ければ、さまざまな文章を理解できるため語彙力が自然に増え、表現力も発展します。

また、表現力が高ければ自分の考えを整理して表現する過程で読解力や語彙力も強化されます。

国語力は、学業成績だけでなく、日常生活や社会生活においても重要なスキルです。

国語力は、学習にも、コミュニケーションにもかかわってきますので、すべての学力の基盤になるのですが、もしその能力が育っていなかったら、どんな課題出てきてしまうでしょうか。

国語力が不足していると自信を喪失してしまうかも

課題1: 語彙力不足による理解力の欠如

語彙力が不足している子どもは、大人の言うことや文章を適切に理解することができません。

例えば、学校の授業中に先生の説明を理解できなかったり、家での親の指示をうまく受け取れなかったりすることがあります。

このような状況では、子どもが自身の行動や学習を適切に進めることが難しくなり、結果として成績の低下や家庭内でのトラブルが増えることが考えられます。

理解力の欠如は、子どもの自信にも影響を与え、学習意欲の低下を引き起こす可能性があります。

このような問題を放置していると、子どもの成長に深刻な影響を与えることになります。

課題2: 学校の授業が分からずついていけない

語彙力や読解力が不足している子どもは、学校の勉強がうまくできません。

まず先生の言っていることが分からない場合が多くなり、教科書や問題文を理解するのにも時間がかかります。

その結果、授業の内容についていけないことが多くなります。

授業についていけなくなると、分からないことが連鎖して、苦手意識となり、勉強を進めるきっかけがつかめなくなります。

例えば、数学の問題文や社会科の教科書の内容を正確に把握できないため、正しい解答を導き出すことができません。

これにより、テストの点数が低くなり、全体の成績が低下することがあります。

成績が低いことが続くと、子どもの自己肯定感が低下し、さらに学習意欲が減退するという悪循環に陥ることが懸念されます。

学業成績の低下は、子どもの将来にわたる学びの意欲や進路選択にも大きな影響を与えます。

課題3: コミュニケーションの困難

語彙力や表現力が不足している子どもは、家族や他人とのコミュニケーションがうまく取れません。

適切な言葉を選ぶことができず、自分の気持ちや考えを伝えるのが難しいため、誤解や対立が生じやすくなります。

例えば、友達との会話で言いたいことが伝わらずに疎外感を感じたり、家族との意思疎通がうまくいかずにフラストレーションが溜まったりすることがあります。

このような状況では、社会性や対人スキルの発達にも影響を及ぼし、将来的な人間関係の構築に支障をきたすことが考えられます。

コミュニケーションの困難は、子どもの社会生活全般にわたる影響を及ぼします。

いかがでしょうか、国語力が低いと、そもそも周りの言っていることが分からない場面が多くなり、学習も進まなくなる可能性が高くなります。

これを解決するためには、絵本を活用して、日常で使わないような表現を含めて、子どもに働きかけることで国語力を鍛えることが可能です。

子どもの理解力と想像力を育み、親の時間を生み出す方法

手順1: 語彙力を高めるための絵本の活用

語彙力を高めるためには、子どもが自然に新しい言葉に触れる環境を作ることが重要です。

絵本はそのための最適なツールです。絵本を通して、多様な表現や新しい単語に触れることで、子どもの語彙が自然に増えていきます。

また、親が絵本を読み聞かせることで、子どもは音としての言葉のリズムやイントネーションも学ぶことができます。

さらに、絵本のストーリーに合わせて子どもが自分の言葉で物語を再構築することで、表現力も養われます。

このように、絵本を活用することで語彙力を効果的に高めることができます。

絵本は、子どもの語彙力向上に最適なツールです。

手順2: 読解力を育むための毎日の読み聞かせ

読解力を育むためには、日常的に文章を読む習慣をつけることが重要です。

親子での読み聞かせは、子どもが文章の意味を理解しやすくするだけでなく、親子のコミュニケーションも深めます。

毎日15分でも良いので、定期的に絵本を読み聞かせる時間を作ることで、子どもの読解力は着実に向上します。

また、ストーリーに興味を持ち始めたら、読み聞かせの際に、絵本の内容についてクイズを出したり、登場人物の気持ちを想像させたりすることで、さらに深い理解を促すことができます。

このように、日常的な読み聞かせを通じて読解力を育むことができます。

毎日の読み聞かせが、子どもの読解力を飛躍的に向上させます。

絵本を工夫して読む方法については以下も参照してください。

あわせて読みたい
【必読】絵本の読み聞かせで子供に考えさせよう!|想像力を育む8つ方法と3つの秘訣 この記事では、子どもに絵本を読んであげたいと思うときに、知っておきたいことについて詳しく解説していきたいと思います。 子供が絵本に興味を持ってくれない 子供に...

手順3: 絵本を自分で読んでもらう

子どもが自分で絵本を読めるようになることで、語彙力や読解力、想像力をさらに高めることができます。

自分で読む習慣を身につけることで、子どもは自分のペースで学びを進めることができ、理解力も向上します。

また、親が常に付き添う必要がなくなるため、親の時間を確保することも可能です。

例えば、寝る前のひとときや放課後のリラックスタイムに、子どもが自主的に絵本を読む習慣をつけることで、自然と学びの時間を増やすことができます。

このように、自主的な読書を促すことで、親の負担を軽減しつつ、子どもの国語力を効果的に向上させることができます。

絵本を自分で読む習慣をつけることで、親も子どもも大きなメリットを享受できます。

実施するにあたっての気になるポイント

どう本を読む時間の確保をするか

解決策を実施するためには、毎日の読書時間を確保する必要があります。

しかし、なかなか時間が作れないかもしれません。

最初は15分程度でも良いので、寝る前などに時間を作ることで、親子のコミュニケーションも深まり、子どもの成長を実感できる時間となります。

絵本の選び方が難しい

適切な絵本を選ぶのは難しいかもしれません。

例えば、以下の全国学校図書館協議会が推薦する図書を選ぶというのも一つの方法です。

全国学校図書館協議会|2022「えほん50」リスト(外部サイトが開きます)

もしくは、多くの絵本サービスが子どもの年齢や興味に応じた絵本を提案してくれるため、それを利用することで選び方の手間が軽減されます。

絵本のある暮らし、幸せな時間。|絵本ナビ

自主的な読書の導入には時間がかかる

子どもが自主的に読書をするようになるには時間がかかるかもしれません。

しかし、一度習慣がつけば、子どもが自分で学ぶ力を身につけ、親の負担も軽減されます。

絵本を読むことは、そのあとの学習習慣へと続くため、最初に習慣づけが進めば、さらに親の負担を経ることになります。

絵本を使って国語力を上げる効果は、語彙力、読解力、想像力の総合的な向上

絵本を使った語り掛けを実施することで、語彙力、読解力、想像力が総合的に向上し、子どもの学習能力やコミュニケーション能力が飛躍的に改善されます。

語彙力が向上することで、子どもは自分の考えを的確に表現できるようになり、他人の話を理解する力も強化されます。

読解力が高まると、教科書や参考書の内容をスムーズに理解できるようになり、学業成績も向上します。

さらに、想像力が豊かになることで、創造的な思考が育まれ、問題解決能力やアイデア発想力も強化されます。

これにより、子どもは学校生活や日常生活において、より積極的に取り組む姿勢を身につけることができます。

また、これらの能力が向上することで、子どもの自信も高まり、自己肯定感が育まれます。

自己肯定感が高い子どもは、チャレンジ精神を持ち、困難に立ち向かう力を持つようになります。

さらに、親子での読み聞かせや創作活動を通じて、親子の絆も深まります。

親子のコミュニケーションが増えることで、子どもは安心感を持ち、家庭での居心地の良さを感じることができます。

そして、子どもは自律的に学習するようになっていくので、親も時間を有効に使えるようになっていきます。

これまでの悩みが解決されるだけでなく、子どもの将来に向けた成長を支えるための強力な土台を築くことができ、大人自身も時間を有効に使えるようになるのです。

まとめ|子どもの国語力を高め、子どもの自立と親の時間を生み出す

この記事を通じて、絵本を用いた子どもの国語力を高めるための具体的な手順とその効果についてご紹介しました。

語彙力、読解力、想像力が総合的に向上することで、子どもの学習能力やコミュニケーション能力が飛躍的に改善されます。

また、親子のコミュニケーションも深まり、子どもの自信や自己肯定感が育まれることが期待できます。

それによって、親も時間が使えるようになってきます。

ぜひ、絵本を使って国語力の向上を行ってみてください!

国語力|国語力はすべての学習の基盤

国語力を上げる必要性とは!?

あわせて読みたい
【子どもの国語力の重要性】国語力が必要な3つの課題と国語力を高める3つの手順|子どもの理解力と想像... この記事では、小学校低学年のお子さんを持つパパママに向けての記事です。 子どもの国語力が成長していない場合に引き起こされる問題を認識するとともに、子どもの理解...

絵本で国語力を鍛える方法!

あわせて読みたい
早期からの絵本の読み聞かせが子どもの未来を豊かにする理由|子供の創造性と学習への鍵 子どもの可能性は、幼年期に大きく左右されます。この時期にしっかりとした基礎を身につけることができれば、将来自分で勉強したり、人より早く物事を理解したりと、親...
あわせて読みたい
【必読】絵本の読み聞かせで子供に考えさせよう!|想像力を育む8つ方法と3つの秘訣 この記事では、子どもに絵本を読んであげたいと思うときに、知っておきたいことについて詳しく解説していきたいと思います。 子供が絵本に興味を持ってくれない 子供に...
あわせて読みたい
【おススメ】脳科学に基づいた速読解力アップ|子供から大人まで薦めたい速読トレーニング この記事では、読解力と速読力を高めるための脳科学トレーニングを実施しているZ-NETSCHOOLを紹介します。 子どもから大人まで、誰でも効果的に学習スキルを向上させる...

絵本のサービスを利用しよう

あわせて読みたい
【おススメ】2,300冊が丸ごと試読OK!|子どもに最適な絵本を選ぼう この記事では、親子で楽しめる絵本セットを選ぶのに必要なサービス、絵本ナビサービスをご紹介します! こんな悩みをお持ちではありませんか? 子どもがすぐに飽きてし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次